Bijoux Touareg du Sahara

 f:id:hynm_kaneko:20180220205350j:image

L'ECHOPPEにVintage Touareg Silverが集結します。

 

〜Touareg Silver〜

アフリカ大陸北部に存在する世界最大の砂漠、サハラ砂漠。その中を遊牧しながら生活している青の民、トゥアレグ族。シルバー細工は彼等の伝統工芸として代々受け継がれて来た文化。

 

ヨーロッパの国々、特にフランスではネイティヴジュエリーと言えばこのTouareg Silverの名が挙がり、フランスを代表するメゾンブランドではTouareg Silverのコレクションが発表されているほどポピュラーな存在。

 

純銀に鏨を使い柄を施し、力強さと気品を併せ持つ稀有な存在Touareg Silver。

 

現代の職人が製作したもの、時を経てVINTAGEとなったモノ、多数の中からあなただけのTouareg Silverをお選びください。

 

【場所】レショップ(東京都港区南青山3-17-3 1F)
【発売開始日時】2018年2月21日(水)11時〜
【問い合わせ】03-5413-4714

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


NEAT降臨

改めて【 NEAT 】とは。

 

ブランド名の“NEAT”とは英語で「きちんとした」や「行儀の良い」などという意味があり、カジュアル化が進んでいる中、パンツだけでもきちんとしたものを履けば上品に見えるという想いを込めてブランド名にされています。

 

以前ブログで取り上げた時に書いていたのですが、

 

このコンセプトってとても東京的だなと思いました。

東京は日本のどの都市よりもさまざまなシーンがありTPOがあります。

「Time(時間)Place(場所)Occasion(場合)」
「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」

東京で生活していく中でたどり着く一つの答えのように感じました。

 

いま改めてみても同じように感じます。

 

モノを見ていただければわかると思うのですが、まさにその意思を感じられる仕上がりになっているのです。

 

カジュアルすぎないシルエット

作りの良さ

経年変化も楽しめる

革靴でもスニーカーでもビーサンでも

ジャケットもTシャツも

タイドアップも

TPOを選ばない

ベーシックすぎず

etc...

 

挙げればキリがないほど万能ワードも浮かんできます。

 

なかなかこんなパンツないのではないでしょうか?

 

今回の一発目の納品は、まだまだ肌寒い今からでも履きやすい、そこそこ肉感のある素材のラインナップ。

 

春夏ものは通年使える素材が多いので、これぞという一枚に巡り会えるといいですね。

 

 f:id:hynm_kaneko:20180217042231j:image

Wide Moleskin

33,000円(税抜き)

 

f:id:hynm_kaneko:20180217042255j:image

Wide Hopsack

28,000円(税抜き)

 

f:id:hynm_kaneko:20180217042313j:image

f:id:hynm_kaneko:20180217042332j:image

f:id:hynm_kaneko:20180217042350j:image

Beltless Moleskin

33,000円(税抜き)

 

f:id:hynm_kaneko:20180217042413j:image

f:id:hynm_kaneko:20180217042438j:image

f:id:hynm_kaneko:20180217042454j:image

f:id:hynm_kaneko:20180217042511j:image

Overall Hopsack

36,000円(税抜き)

 

 

入荷後即サイズ切れが当たり前な商品なので、気になる方はお気をつけください。

 

余談ですが、シューズはすべて【 Le Yucca's 】なのですが、ワイドシルエットの足元をしっかり締めてくれますね。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


Le Yucca's 2/15より発売

f:id:hynm_kaneko:20180214193009j:image

 

個人的に大ブームのジャストサイズの501。

 

501と合わせてカッコいいものって、いつの時代も変わらないと思うのですが、「今の気分」というのを加えて考えると時代とともに変わっていきます。

 

L'ECHOPPEの役割としては、まさにその気分を取り入れたものを用意すること。

 

501にオールデンのVチップは、ご飯に納豆のように最高だけど、今の気分かといえばそうでもない(あくまで個人的に)。

 

マッチングの良さよりも少し外して組み合わせた時に引き立てあうものが気分ではないでしょうか。

 

例えば、味のあるオーセンティックなものにほど、洗練されたものを合わせたい。

 

個人的には、501にシンプルなウエスタンブーツもありで、出張中はずっとそんな組み合わせでした。

 

今回のLe Yucca'sは、原点に立ち返りオーソドックスながらも洗練さが際立つ4型をご用意し、お手持ちのワードローブとの組み合わせが楽しみなラインナップとなっております。 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180214185113j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214185540j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214185454j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214185516j:image

Single Monk Strap Shoes

117,000円(税抜き)

サイズ 39〜42(ハーフサイズ刻み)

 

あまりにも自然なので分かりにくいと思うのですが、ダブルモンクの形状を維持しつつシングル化した異形のデザイン。

 

あたかもあったかのように落ち着かせてしまうのがLe Yucca'sの真骨頂。

 

履きこむごとにシワが刻まれ、植物タンニンなめしのレザーが良い風合いを醸し出していきます。

 

レディースのモデルを踏襲してメンズ化したL'ECHOPPEのエクスクルーシブモデルとなります。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180214190850j:image 

f:id:hynm_kaneko:20180214190915j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214190941j:image

Bit Slip-on Shoes

136,000円(税抜き)

サイズ 39〜42 1/2(ハーフサイズ刻み)

 

シャープなデザインに反してグッドイヤーウェルト製法で重厚感のある作りが魅力の一足。

 

デッドストックのビットを使用した最後のモデル(限定数)。

 

前回は一瞬で完売してしまった人気モデル。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180214191008j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214191034j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214191101j:image

U-tip Shoes

122,000円(税抜き)

サイズ 39〜42(ハーフサイズ刻み)

 

4ホールとノーズのバランスが秀逸で、無駄のない美しいフォルムが絶品です。

 

控えめながらも主張の強いモカ縫いも必見です。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180214191127j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214191152j:image

f:id:hynm_kaneko:20180214191218j:image

Ghillie Shoes

117,000円(税抜き)

サイズ 39〜42(ハーフサイズ刻み)

 

今まで継続してきたタンありのギリーからタンなしのギリーへ。

 

より伝統を踏襲し無駄を省きました。

 

 

 

すべて2/15より発売いたします。

お見逃しなく。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


ANATOMICA for L'ÉCHOPPE

ここのところ隠れテーマ的に探し続けている"テーラードジャケット"に代わるジャケット探し。

 

先日発売したsun/kakkeのジャケットはその第一弾でしたが、今回ご紹介するジャケットはフランスはパリの【ANATOMICA】が誕生当時から定番として扱っている"DOLMAN"に着目しました。

 

f:id:hynm_kaneko:20180204220420j:image

 

いつも昔話になって申訳ないのですが、、、ANATOMICAが正規で日本に入ってくる以前から買い付けをしていた経験があり【ETS.MATERIAUX】というお店で取り扱っていました。

 

"DOLMAN"との出会いもその頃で、ANATOMICAのピエール フルニエ氏のエレガントな着こなしが印象的で、とてもナポレオン三世時代のフランス軍の作業着がベースとなっているとは思いもよらず、私のフランス服への興味が一層高まっていった出来事でもありました。

 

作業着らしく動きやすさを考慮して作られたパターンは、機能的であると同時にエレガントなフォルムを生み出しています。

 

www.houyhnhnm.jp

 

こちらのNEWSに取り上げられている通り、今回の別注の最大の特徴はブラックインディゴリネンという生地にあったのですが、色はもちろんのこと、実はその薄くてしなやかな素材感にもこだわりがありました。

 

従来の"DOLMAN"は、フランス発だけあって春夏であっても比較的厚手でしっかりとした生地を使うことが多く、いささか日本の春夏には重いかなという印象がありました。

 

ブラックインディゴリネンは、ドレープも美しく、より優雅なフォルムを引き出すと同時に日本の気候に最適化させたところにも注目いただければと思います。

 

併せてハンティングベストがベースになっているという”SAGAN”(ベスト)も用意しました。

 

これ程までに癖のないベストというのも珍しく、合わせるものを問いません。

 

まさにベストオブベスト。

 

見逃されてる可能性のある定番アイテムとして、改めてL'ECHOPPEからのご提案です。

 

なお、こちらの生地の染料は、特に初期の色落ちが強いのですが、経年変化をお楽しみ頂くためにリジッドの状態でご用意していますのでご注意ください。

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152422j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152539j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152554j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152610j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152627j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152453j:image

 

 f:id:hynm_kaneko:20180204152706j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152726j:image

 

発売日: 2/5(月)

生産国: 日本製

DOLMAN 50,000円(税抜き)

SAGAN 30,000円(税抜き)

サイズ 40,42,44,46

 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

初売り その八【BAYCREW'S STORE】SALE情報

f:id:hynm_kaneko:20180102111422j:plain

 

L'ECHOPPEの公式通販サイトBAYCREW'S STOREにて、本日1/2よりWINTER SALEを開催しております。

 

普段なかなかお店には来られないという方も是非チェックしてみてください。

 

下記のリンクよりご覧いただけます。

 

↓↓↓

 

baycrews.jp

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


初売り7連続投稿 ≪一覧≫

初売り商品を一気に7連続投稿しました。

こちらより気になる投稿をチェックしていただけると分かりやすいかも知れません。

すべて1/2 11:00より発売開始となります。

 

 


 

 


 


 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


初売り その七【SUFFOLK SHOES】

f:id:hynm_kaneko:20180102003446j:image

ロンドンから車で北東に向かって二時間ほど走らせた所にある街SUFFOLKに居を構えるシューメーカー【SUFFOLK SHOES】。

 

イギリスでは珍しくなってしまったステッチダウン製法が可能なシューメーカーとして一部では知られている。

 

ステッチダウンといえばすぐに思い浮かぶのはクラークスのデザートブーツ。

 

柔らかなスウェード素材と屈曲しやすいステッチダウン製法による履き心地の良さは随一で、現在も定番シューズとして世界中で愛され続けています。

 

 

一見クラークスのような佇まいのこちらはSUFFOLK SHOESのもの。

f:id:hynm_kaneko:20180102003423j:image

デザートブーツをカットオフしたようなデザインはデザートカーンを思い出させます。

 

f:id:hynm_kaneko:20180102003524j:image

カーンと比較するとトウは若干丸みを帯び、ややぼってりとした印象?

 

決定的な違いともいえるヒールのない一体型のクレープソール。

 

クラークスにありそうでないバランス感と、古き良き時代を彷彿させるイギリス生産による温もりと味わいは、ハードコアなクラークスフリークにこそオススメしたい。

 

経年変化も楽しめそうな一足ではないでしょうか。

 

1/2 11:00より発売

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし