近況ほか

ブログが滞るようになってしまった。

頑張って書かなきゃとは思うけど、頑張ったからって楽しい事を書けるもんでもない。

このまま沈んでいかないように持ち直さなきゃ。

とりあえず勢いで書いてみます。

 

 

まずは近況など。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613230009j:image

先週はAW18のプレスプレビューを店舗内で行いました。

仕切りを設けず一般のお客さまにも公開していく初の試み。

AW18は今まで以上に手の込んだ別注品やエクスクルーシブなアイテムも多く、早速入荷連絡の希望などもいただき一部完売なんていうものも...

プレス関係者からも購入したいという声がいつも以上に多かったような気がします。

もちろん記事として取扱っていただけるのも嬉しいのですが「個人的に欲しい」と言ってもらえることが一番嬉しくて高揚しすぎたプレスデイでした。

また次も店でやりたいけど今回が最初で最後かな。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613230110j:image

イベント【OLD NEW ENGLAND】終了。

BurberryのMade in Franceが作られていた当時の環境を再現したオーダー会でしたが、予定数を上回るオーダーをいただきました。

f:id:hynm_kaneko:20180613230252j:image

スーツと比べると遊びの自由度も高く、みなさま楽しそうに注文されていたのが印象的でした。

f:id:hynm_kaneko:20180613230320j:image

職人が在店するイベントとしては終了しましたが、引き続きオーダーは受け付けていますので、気になる方はお問い合わせください。

f:id:hynm_kaneko:20180613230348j:image

コートのサンプルは貸し出しで出払う場合がありますが、基本的にはいつでもご覧いただけます。

※オーダーは職人が同席しますのでアポイント制になります。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613163419j:image

f:id:hynm_kaneko:20180613163946j:image

早くもJames Grose for L'ECHOPPEの1stサンプルが上がってきました。

ダブルでもセミダブルでもシングルでもないような独特なルックス。

衿を立てて着るのが前提の変則的なパターンも原型通り。

いかり型だった肩まわりのパターンを修正したフォルムは申し分ない。

革の質感は変わりますので無視してください(笑)。

完成まであともう少し。

 

 

 

入荷済みで紹介しきれてなかったものもいくつか...

まずは洋服以外の靴やバッグなど。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613164940j:image

Sandar'sのノーレースのキャップトゥシューズ

ノーレースで革靴を履くことへの憧れってありませんか?

大げさですがそれを可能にしたシューズ。

レース部分にゴムが仕込まれているので脱ぎ履きも楽だし履き心地も良し。

これからの季節サンダルのように気軽に履きたい。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20180613164946j:image
f:id:hynm_kaneko:20180613164950j:image

靴の聖地ノーザンプトンで作られているダンスシューズメーカーのCatworth。

いくつかあるジャズシューズの中でもクッション性が高く、最も街履きに適したジャズシューズといえるのではないでしょうか。

光沢が美しいエナメル素材は華奢なフォルムとの相性が良く、程よく存在感を主張します。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613211611j:image

偶然バルセロナの街中の直営店を訪ねてから取り扱いがスタートしたスペイン発ブラジル生産のCABOCLOも3シーズン目。

今シーズンは、エコロジカルな雰囲気と洗練されたデザインの両極端な要素がミックスされたものをチョイスしています。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613221351j:image

とても今っぽく感じてしまうデザインだけど、実は昔からあるデザインらしい。

Martin Faizeyといえばクイックリリースバックルのベルトが有名だけど、バックルレスで変則的に巻きつけるこのタイプも中々斬新で一目惚れしてしまった一品。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613222334j:image

よく見ると「renoma PARIS」と刻印されたネックレス。

トゥアレグ族のアクセサリーと合わせて付けたい...

ちなみに某トゥアレグ族アクセサリーのディーラーのボスもさりげなくピンズタイプを愛用しています。

そんな洒落っ気を身につけたい。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613222901j:image

ダンボールにガムテープ....

とても良く出来ています。

ラスト一点。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180613223244j:image

どうやって作っているのか?

まったく想像つかないこのバッグ。

靴のように木型で成形する「モールド」という製法で作られているため、無縫製でこのようなフォルムが作れてしまうのです。

ワインを主原料とした「ペレヴィーノトリートメント」と呼ばれる染色方法も国際特許を有するCECCHI DE ROSSIにしか出来ない特別な技法。

こちらもラスト1点かな。

 

 

最後に

f:id:hynm_kaneko:20180613225410j:image

今年もアーミッシュハット展開してます。

だいぶ少なくなってきたのでお早目にどうぞ。

 

 

 

お知らせ。

先月ぐらいから始めているのですが、新商品の発売は毎週木曜日になりました。 

 

"THURSDAY IN"

 

ご興味ある方は毎週水曜日のインスタグラムの投稿をチェックしてみてください。

ちなみに明日も発売日。

 

◆◇ THURSDAY IN ◇◆ ・ 5月24日(木)発売開始 ・ SCROLL👆 ・ #大量入荷 #fromENGLAND

L'ÉCHOPPEさん(@lechoppe.jp)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


創業者Bernard Zins氏も愛したLポケパンツ。

f:id:hynm_kaneko:20180525185641j:plain

「Lポケはこうやって手を入れて履くんだよ 」 

   Bernard Zins CEO Frank Zins氏談

 

 

L型のポケットは、元々乗馬用のパンツに採用されていたことから、別名ウエスタンポケットとも呼ばれています。

 

作家、編集者、ジャーナリスト、映画やテレビ、広告業界中流階級以上の人々が多く暮らしているパリ左岸(rive gauche)で絶大な支持を受けていたという。

 

創業者Bernard Zinsも愛用者の一人。

 

普段ジャケットを着ない彼は、モノを出し入れしやすいLポケを好み、いつもポケットに手を突っ込んで歩いていたそうだ。

 

f:id:hynm_kaneko:20180531134419j:image

生地は4種類。

25,000円〜37,000円(税抜き)

 

f:id:hynm_kaneko:20180531134636j:image

乗馬用がベースだったことを感じさせる緩めのテーパードはブーツにも合わせやすい。

 

発売中

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


【OLD NEW ENGLAND】開催のお知らせ

なにかと話題になりやすいアイテムの一つとしてコートがある。

 

誰しも最高の一着を手に入れたいと思ってはいるけれど手に入れるのはなかなか難しいようで、永遠に語り続けていきそうなネタの一つ。

 

そんな話題にいつか終止符を打ちたいと思い買い付けをしているのですが、誰をも納得させるものにはまだ出会えてません。

 

その傍、2016年の夏のパリ出張でわたくし的最高の一着を手にしてしまいます。

 

f:id:hynm_kaneko:20180529172838j:image

Burberrys "MADE IN FRANCE"のステンカラーコート

 

フランス人の趣向が取り入れられたのか?英国製とは一線を画すボリューミーなフォルムと通常のBurberrysでは見た事のない無双仕立て(表地を引き返して、裏まですべて共布を使う仕様)。

極太だけど余計なシワが入らない秀逸なパターンの一枚袖など、、、憧れのディテールがてんこ盛りな逸品である。

 

手に入れてから、知人が所有する個体を4枚ほど集めて見比べたりしたこともあるのですが、どれ一つとして同じものはなく、仕様も生地もサイズもすべてバラバラで、どのような過程でどのように作られたのか??まったくわからぬまま悶々とした日々を過ごしていました。

 

とにかく数量が少ないし同じ個体を手に入れるのはほぼ不可能に近いこのコートを独り占めするのもどうかと思い、知り合いのデザイナーに持ち込んで復元を試みようとも思いましたが、なんか違うなと、、、自分的に腑に落ちず、復元プロジェクトは思い留まったまま月日が流れていきました。

 

とある日、フランス製Burberrysについて有力な情報を得る。

「オーダーだったらしいよ」と。

疑問を感じていた点と点が繋がり同時にやるべき事が降りてきました。

 

私が手に入れたコートは確かに最高だけど、本音を言えばもう少し小さい方が良かったし、色ももう少し白っぽい方が好みだ。

 

コートというものはフィッティングにはシビアではないし、基本的に量産品のイメージしかなかったから多少の妥協は当たり前だと思っていたけど、突き詰めて考えてみると着用シーンや気候によって生地選びも違ってくるし、一番目につく服だから自分をどう表現したいかによって色やボタン選びも変わってくる。

 

今まで誂える概念はなかったけれど、このコートと出会い、歴史を辿ったことで最高の一着を手にする方法を教わりました。

 

よく考えたら当たり前なことだったけど、、、

 

私たちにできるのは、当時と同じような環境づくりと材料を用意すること。 

 

ひとつひとつ職人の手で作られていたであろうフランス製のBurberrysを再現するには理解力のある作り手が必要だ。

 

そこで真っ先に声を掛けさせてもらったのがla favolaの平氏

 

この企画をスンナリと理解し、量産品では考えられないような作り手の癖までも再現し、自身の癖も適度に散りばめ、こちらの意図通りにサンプルを作り上げてきました。

 

ちなみにla favolaとは?

イタリア語で物語を意味するla favolaという言葉通り、洋服を通して身に着ける人それぞれの物語を紡いで欲しいと言う願いが込められた洋服づくりをしています。

型入れ、裁断、縫製、アイロンまでを一人の職人の手により、徹頭徹尾こだわりを持った少数生産で生み出されています。

 

本企画の物語を現代において体現し続けるブランド。

適任に決まってますね。

 

 

私が所有するコートは、男女問わず誰が着ても同じような見え方をする秀逸なパターンでオーダー向きと捉えベースモデルとして採用しています。

 

f:id:hynm_kaneko:20180529195442j:image

f:id:hynm_kaneko:20180529195451j:image

4サイズ分のベースサンプルを用意し、生地やボタンもコートの仕様や特性、歴史を踏まえ選びました。

 

7mもの生地を惜しみなくふんだんに使った無双仕立ては贅沢の極み。

 

その他、仕様に関するご要望やサイジングについては、平氏や販売スタッフとお話し合いの上決定していただければと思います。

 

男女ともにおすすめしたい本企画。

自分だけの一着を誂える贅沢をお楽しみいただきたいと思います。

 

 

”OLD NEW ENGLAND”展

【開催日時】2018年5月30日(水)~6月4日(月)

【販売店】L'ECHOPPE青山

【製作者】la favola 平剛

【価格】240,000円~

【納期】4ヶ月~(納期はオーダーの順序により変動いたします)

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


  「商品は事務所で作るんじゃない!現場で作るんだ! 」by某踊る大捜査線

f:id:hynm_kaneko:20180511100124j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180511100140j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180511100159j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180511100218j:image

店付きバイヤーとなってから半年になりますが、特別な商品の大半は現場(店頭)での打ち合わせから生まれています。

 

販売スタッフ、デザイナー、セールス、バイヤー、時にはフラッと立ち寄った知り合いやお客さま?にも混ざってもらい、意見交換し合い商品内容を決めていきます。

 

様々な人が関わってきたりするので、まとまるものもまとまらないように見えるのですが、現場(店頭)の空気を感じながら打ち合わせをしていると、謎のグルーブ感が生まれ、好みの違う人間同士も自然と選ぶものが近くなっていき意気投合していくのが面白く、時間はかかるけども全員納得の着地をしていくからホントに面白い。

 

おそらくこの打ち合わせは個人個人の戦い。カッコ悪い選び方なんて出来ないからみんな必死に考えます。センスと意地の張り合いは中々見ものです。

 

当然打ち合わせ終了後はみんな疲れ切って廃人のようになりますね...笑 

 

L'ECHOPPEもオープンから3年が経ちましたが、全スタッフの意識向上、関わってくださる方々のL'ECHOPPEに対しての期待感など、自分も更に高めていかなきゃと思わせられる環境に感謝したい。

 

 

4年目も楽しんで行きたいと思います。 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


私の中のフレンチブルー(完)

これほど鮮烈な印象を受けたブルーはない。

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234730j:image

 

『インターナショナル・クライン・ブルー』は、単色の作品を制作するモノクロニズムを代表するフランスの画家Yves Kleinが開発した色。

 

私の中でフレンチブルーを象徴する色って漠然としていたけど、ようやくコレだというものに出会いました。

 

そして、その憧れのフレンチブルーを「ANATOMICA」の協力を得て、ポケットT、マルニエールクルーネックT、マルニエールショールカラーTの3型に落とし込み、ご提案させていただける事になりました。

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234940j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180509235056j:image

POCKET TEE¥6,500+TAX

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234950j:image

MARNIER CREW NECK TEE ¥12,000+TAX

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234959j:image

MARNIER SHAWL COLLAR TEE  ¥14,000+TAX

 

 

「ANATOMICA x L'ECHOPPE」

発売は明日5月10日(木)より。



■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


最後の灯火(けして悲しいお話ではありません)

f:id:hynm_kaneko:20180502184157j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184202j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184207j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184222j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184227j:plain

前シーズンは取扱先が殆どなかったCLEAR WEATHERも、人気急上昇とともにものすごい勢いで取扱先も増え、どこでも見かけるようになりました。

 

そうなってくるとL'ECHOPPEとしては御役御免。

 

我々のような小規模店舗でチマチマ扱うよりも、大規模な店舗や有名チェーン店で幅広いラインナップと奥行きで、しっかりとお客様にお届けしていく方が良いと考えます。 

 

ということで次シーズンから取扱いを辞めてしまうのですが、L'ECHOPPEにとっては最後のシーズン、、、

 

ダントツにイケてた『WHITE』を大フィーチャーし、ありとあらゆるWHITEの品番を集めてみました。

 

CLEAR WEATHERのWHITEが気になる方は是非L'ECHOPPEへ。

 

我々規模で出来る最後の悪あがき、でした。 

 

ちなみに 

f:id:hynm_kaneko:20180502184653j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184648j:plain

WHITE以外には、この2品番の取扱いがあります。

 

 

 

さてと、そろそろ第二のCLEAR WEATHER探しに出掛けてきます。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


"Karim's Vintage Pop Up"

f:id:hynm_kaneko:20180430045402j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045500j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045516j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045541j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045425j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045700j:image

"Karim Hadjab"

 

LAILAさん主催のイベントのために来日していたKarim氏。

 

たまたま立ち寄ったL'ECHOPPEの軒先のスペースに目をつけ、密かに持参してきていたフレンチビンテージのポップアップをやらせてくれないかと熱烈なオファーが舞い込んできた。

 

 

実は彼の事は15年程前から知っていて、パリのマレ地区にある彼のビンテージショップでよく買い付けさせてもらっていたので、私の中では今でもビンテージディーラーというイメージなのですが、現在の彼はパリを拠点に活動するデザイナーでありアーティストとして知られているようです。

 

久しぶりに出会った彼は、ビンテージディーラーという生業から様々な経験を経て辿り着いた哲学をもとに進化していました。

 

『時を経た洋服は、まさに人間のように生きている』

 

2015AWシーズンより日本での展開もスタート。

 

洋服に四季を与えることをテーマにした"4seaons"は、一年もの間洋服を自然環境に置き、自然の中でしか表現できないクリエイションを確立した。

 

f:id:hynm_kaneko:20180430061458j:image

f:id:hynm_kaneko:20180430063025j:image

f:id:hynm_kaneko:20180430063048j:image

今回発表した"APRES"は新品のウェアに3Dプリンターを活用してエイジングプリントを施すなど、ビンテージに抵抗がある方にも楽しめるコレクションになっています。

 

見る人の心を一瞬にして捉える斬新なアイディアや一貫して哲学を貫く姿勢には感銘を受けます。

 

その彼のクリエイションの源であるデッドストックのビンテージを仕入れる機会が突如降ってきて喜びも大きいのですが、連休入ってから本人との打ち合わせなど、あまりにも突然の事だったのでスタッフ一同準備にてんやわんや、、、でもなんとか発売できそうです。

 

Karim本人もちょくちょく顔を出して『色止め』のデモンストレーションなども行う予定ですのでお楽しみに。

 

※色止めについて。50年代以前の製品の染色は色落ちしやすいものが多く色止めする必要があります。当時は製品についてくるフラッシャーに色止めの方法が記載されていたりしていたそうです。「お酢や雨水を使用して色止めを行います.....」など、購入者はその指示に従って色止めを行なってから着用するというのが通例だったそうです。

 

開催期間 4/30〜5/6

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし