読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作者不明感

現在、2017秋冬展示会シーズン真っ只中。

 

次のシーズンは色々な意味で原点に立ち返り、より、みなさまに楽しんで頂けるような仕掛けを考えに考え、考え続けています。

 

期待を裏切りつつも、その期待を超えるような事。

 

それがみなさまが求めている事であり、我々もやりたい事。

 

「期待したものはなかったけれど、期待以上のものを見つけてしまった!」

 

そんな声が聞こえてくるようなお店作りが3年目を迎えるレショップの最大のテーマです。

 

 

 

そのテーマを体現するブランドが『RE-PURPOSE』。

 

REPURPOSEとは

 

そのまま翻訳すると

 

再度目的を持たせる

別の目的のために再利用する…

 

その意味をまさに象徴したかのようなアイテムの登場です。

 

今回はマニアックにそのウンチクを隅々までご紹介します。

 

 

RE-PURPOSE  デッキジャケット

54,000円(税抜き)

 

f:id:hynm_kaneko:20170309234527j:image

本来寒冷地用として作られたミリタリージャケットをベースに、防寒用の内蔵物が入っていたものを取り除き、そのままのボリューム感を生かして作られています。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170310221211j:image

前身頃と袖を一体にしたイレギュラーなパターンで、生地の地の目の出方に変化をつくっています。

 

そのため切り替えてある部分と陰影が生まれています。 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170310221451j:image

 f:id:hynm_kaneko:20170310221857j:image

袖口のループは袖をフィットさせるためのディテールなのですが、英国軍の航空機が炎上した際に使用するジャケットを参照しています。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170310215944j:image

f:id:hynm_kaneko:20170309170449j:image

強度を保ちつつ極力無駄を省いて取り付けられたショルダーストラップは、着用しない時に肩から掛けられるように設計されています。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170309170458j:image

ボタンを掛け替えて長さを調整できます。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170309170609j:image

ショルダーストラップの縫い付け痕。

 

 

そして生地は

 

f:id:hynm_kaneko:20170311135212j:image

柿渋染めの上品な薄ベージュ。

 

f:id:hynm_kaneko:20170311135229j:image

スイスコットンのタイプライターストライプは、シリコン撥水コーティングが施されています。

 

どちらも季節や日常を考えて選定されており、ミリタリーではありえないような生地を、あえて選んでいるのが特徴です。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170311135645j:image

各ディテールは生成り、オフホワイトで構成し、製作過程のプロトサンプルのような印象に仕上がっています。

 

無意味に作られたディテールやデザインは一切なく、すべて過去に実在していたものの中から必要なものを掛け合わせて編集し構築されています。

 

あたかも過去に合ったもののように見えるのは、そのような理由からです。

 

そして一番の魅力は、この「作者不明感」ではないでしょうか。

 

この服を着ていたら「それどこの服?」と必ず聞かれると思います。

 

ブランドの特定が困難な服。

それこそがRE-PURPOSEの真骨頂な気がしています。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

そして本日から開催のイベントのお知らせです。

f:id:hynm_kaneko:20170311131553j:image

 

 

【PERIOD FEATURES in L'ECHOPPE】

f:id:hynm_kaneko:20170311132234j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311132246j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311132258j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311132306j:image 

この度のポップアップショップでは、今シーズンの新作を織り交ぜ、30枚を超える極上のシャツを展開いたします。

 f:id:hynm_kaneko:20170311133519j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311133532j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311133547j:image

 f:id:hynm_kaneko:20170311133557j:image

f:id:hynm_kaneko:20170311133608j:image

 

-PERIOD FEATURES-
極めて高度な手仕事を基本とし、インド大陸ウエストベンガル地方を中心に生産される手織り物やインドの高級綿を使用したインド製のシャツブランド。


数ヶ月もの時間をかけて織られた生地、一着一着全てが手による裁断、柄合わせされた縫製。全てがアナログな手法によって生産されている。


大量生産が当たり前となった今の時代に、効率という言葉からはかけ離れた豊かなクリエーション。


非常に繊細な表情を持つPERIOD FEATURESのシャツは極上の嗜好品でありながらも、肌と一体化するような最高の着心地が約束されている。


期間:2017年3月11日(土)〜19日(日)

 

 

是非、店頭にてご覧ください。

 

 

レショップInstagram

http://instagram.com/lechoppe.jp

 

私のInstagram

https://instagram.com/p/BP55cqIhsZF/

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

 

 

 

 

 

たかがワークパンツ、されどワークパンツ

Token Surfboardsといえば、、、グラフィックTシャツが有名。

メッセージを発信し続けるToken Surfboardsにとっては必要不可欠なアイテム。 

 

 

#tokensurfboards

L'ÉCHOPPEさん(@lechoppe.jp)がシェアした投稿 -

 

 

Token Surfboardsは、2011年にサーフブランドとして立ち上がり、16SSから本格的にアパレルラインをスタートさせNYのショーでデビューしたブランド。

 

今、最も注目されているサーフアパレルブランドの一つと言えるのではないでしょうか。 

 

Tシャツのグラフィックが良いのは、もはや当たり前で、今シーズンのレショップは、その裏に隠れている銘アイテムに注目してみました。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170306130841j:image

一見なんてことのないチノのワークパンツに見えますが、裏を返してみると彼らの服に対するこだわりを垣間見ることができます。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170306130430j:image

オリジナルのマーベルト仕様。

シャツの裾を落ち着かせる機能を持ちます。ドレス系のパンツや高級なカジュアルパンツに使われる仕様です。

ディッキーズなどの元祖TCワークパンツにもマーベルトは付いてきますが、簡易的な綿のあて布のようなものが多く、機能としては意味を成さないものが多いです。 

ベルトループの取り付けもマーベルトに流し込む仕様で、余計なカンヌキ留めもなく、とても上品な仕上がりです。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170306130501j:image

天狗(パンツのウエストを内部から固定するために付いている持ち出し部分)。

やはりこちらも通常のワークパンツにはないディテールで、ドレスパンツ定番の仕様です。

お腹回りがヨレずに落ち着きます。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170306130540j:image

シングル仕立ての裾。

ドレスパンツのようにシングルでまつられています。 

見た目の要素が強いと思うのですが、ワークパンツをスタイリッシュに履きたいという思いが伝わってきます。

 

 

 f:id:hynm_kaneko:20170306153647j:image

 そして素材は、あえてのTCチノ(ポリエステル/コットン)。

このパンツのキモはTC使いに尽きます。

大量生産大量消費向けのワークパンツの素材をそのまま採用しているところに、彼らの90年代のストリートファッションへのオマージュを感じます。

 

TC素材に、ここまでの愛を注ぎ込んでしまうToken Surfboardsから目が離せません!

 

f:id:hynm_kaneko:20170306143018j:image

ちなみにこちらは、先日訪問したニューヨークの街角で開催していたTokenのPOPUP SHOPを一コマ。

今シーズンのTOKENを象徴する着こなしですね。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170306143027j:image

POPUPの店内も、他のサーフブランドとは一線を画す洗練さ。 

 

 

 是非、店頭にご覧くださいませ。

 


 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

17SS WORLD BAZAAR 2/24より開催

ようやく準備が整いました。

今シーズンも『WORLD BAZAAR』開催します!

 

今回はイギリス、フランス、アメリカの3ヶ国からVINTAGE商品を中心にお届けします。

 

 f:id:hynm_kaneko:20170223160327j:image

イギリスでは、ロンドンを中心に郊外のマーケットまで足の伸ばして買い付けをしました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160427j:image

定番のポートベローマーケット。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160513j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160525j:image

普段買い付けでは行かないような場末のマーケットも探索しました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160638j:image

郊外にある個人経営のアウトドアショップでは、見たことのないアウトドアメーカーのバックパックを買い付けたり。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160751j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20170223160855j:image

雪が降る中、向かったマーケットは規模縮小されていたり、、、

 

f:id:hynm_kaneko:20170223161005j:image

シャツの銘店が並ぶジャーミンストリートには夜中しか行けなかったけれど、洗いざらしが似合いそうなターンブルアンドアッサーのシャツを買い付けできたりと、久しぶりのロンドンでしたが、充実した買い付けができました。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170223161658j:image

f:id:hynm_kaneko:20170223161835j:image

パリではフレンチワークウェアを中心にミリタリーものも集めました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223161850j:image

ヴィンテージのビスポークのジョンロブを試し履き。もちろん買い付けました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223162058j:image

春を意識して色合いにこだわったフレンチワークウェア。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170223163459j:image

アメリカに渡りNYからフィラデルフィアへ。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223163527j:image

良質なビンテージショップを巡り買い付け。

 

f:id:hynm_kaneko:20170223162146j:image

時には大ハズレのマーケットに出くわすことも、、、

 

と、各国を練り歩いて見つけてきた愛着ある商品ばかりです。

詳しい商品紹介はINSTAGRAMにて。

 

2/24より一気にご用意して展開いたします。

 

一点物ばかりですので、お早目のお越しをオススメいたします。

どうぞお楽しみに。

 


 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

古着のたしなみ

今月でブログ開設一周年となりました。今まで店舗のスタッフにも口にしなかったような出来事や思いを書き綴ったりと、、、レショップのブログのようでそうでもない、金子のブログかというとそうとも言えないような、なんとなく一人歩きしつつある当ブログですが、今後もマイペースに綴っていきたいと思います。

 

 

さて、本日は海外買い付けビンテージ第一便到着のお知らせです。

 

f:id:hynm_kaneko:20170216130058j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20170216130201j:image

 

まずはフランスで買い付けた1900年初頭から50年代のワークウェアを中心に展開します。レア度よりも(といっても相当珍しいものばかり)ストーリーを感じさせるものを厳選し選んできました。

 

私なりのこだわりを少しご紹介させていただきます。

 

【元来ワークウェアは機能的で無垢な服】

f:id:hynm_kaneko:20170216130247j:image

特にフランスの50年代ぐらいまでの服の作りは秀逸で、以降のものとは着心地もまるで違うし、ひとつひとつのディテールにも意味があり、とても機能的に作られています。その機能はデザインとなり、自ずと見た目の良さに繋がっていたりします。

 

現代の服も実はそういったディテール(機能)を踏襲していたりするのですが、機能としてというよりは見た目を優先して落とし込まれている事が多いため、着ていて機能を感じられる方は少ないかも知れません。あえてルーツを知る必要はないのですが、偶然知ったりすると嬉しいですよね。古着を通じてそんな発見をすることも一つの醍醐味ではないかと思います。

 

 

【個体差、イレギュラーを楽しむ】

f:id:hynm_kaneko:20170216130310j:image

同年代に作られた同品番でも、なぜか個体差が生まれてしまいます。たまたま物資が不足していた、急に仕様が変わってしまったなど、さまざまな理由が考えられますが、同じものが陳列されていても、ひとつひとつ入念にチェックすることをお忘れなく、そこにも新しい発見がありますので。

 

f:id:hynm_kaneko:20170216130708j:image

 f:id:hynm_kaneko:20170216130441j:image

ちなみにこのレザーベストはサイズが大きすぎて革が足りなかったようで革を継ぎ足しています。

 

 

【原型】

f:id:hynm_kaneko:20170216130328j:image

出会いとしか言いようがないのですが、おそらくデザイナーさんがベースとしたであろう元ネタを偶然にも仕入れてしまう事があるのです。やはり見ている方向が一緒なんだなぁと共感してしまう瞬間であると同時に元ネタを知ってしまったという罪悪感も感じてしまいます、、、

 

 

【サイズレス】

f:id:hynm_kaneko:20170216132040j:image

特にフランスのワークウェアは袖山(袖山 調べてみてください)が低めで、腕の可動域も広いため、多少サイズが合わなくても肩が出っ張ってしまうことはなく肩の落ち感がとても自然です。

 

実際かなりオーバーサイズで着ても自然と着こなせてしまうことが多く、あまりサイズにシビアになる必要がありません。唯一そで丈はどうしようもないので、たくし上げてラフに合わせてしまうのですが、それもサマになってしまう不思議。

 

見た目が大きいからと諦めずに一度試着してみることをオススメします。これは男性に限らず女性にもいえることです。

 

 

【スーパーレア】

f:id:hynm_kaneko:20170216130357j:image

今回もほとんど市場に出回ることのないような珍しいものも仕入れています。問答無用にカッコいいので気になる方はお早めに。

 

 

今後の入荷情報は順次インスタグラムにて更新していきますので気になる方はチェックお願いします。 

 

 



 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

 

 

 

アーミッシュの街「ランカスター」へ

ロンドン→パリ→グラスゴーを経由し、アメリカへ渡りニューヨークから車を走らせ、ようやく最終目的地「ランカスター」にたどり着きました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170131133703j:image

 

この日のために一年間構想を練り温め、フィラデルフィアを掘り下げたのもランカスターへ繋ぐためでした。

 

f:id:hynm_kaneko:20170131134042j:image

 

アーミッシュとは??

アーミッシュ(英語: Amish、ドイツ語: Amische)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民(ペンシルベニア・ダッチも含まれる)の宗教集団である。 移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170131134213j:image

http://pin.it/j4UzyEA

 

彼らの究極までに削ぎ落とされた生活様式やファッションを追います。

 

どこまでご報告できるかは、現地に行ってみないとわかりませんが、できる限りレショップのインスタグラムにて、ご紹介していけたらと思っておりますので良かったらご覧ください。

 

レショップInstagram

http://instagram.com/lechoppe.jp

 

私のInstagram

https://instagram.com/p/BP55cqIhsZF/

 

 

 

紳士靴の新しい形

本日21日より『Le Yucca's』の新作発売です。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121073906j:image

今シーズンは全3モデルをラインナップ。

 

 

改めて『Le Yucca's』のこだわりをご紹介します。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121074018j:image

男らしさのあるトラディショナルなUチップ、ギリーシューズにはマッケイ製法を。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121074152j:image

エレガントなビットローファーにはグッドイヤーウェルト製法を。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121074036j:image 

セオリーとは逆であること恐れず果敢に挑戦。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121074224j:image

f:id:hynm_kaneko:20170121080422j:image

ヒールは限界まで細く高く

 

 f:id:hynm_kaneko:20170121074138j:image

ENZO BONAFE PER Le Yucca's
MADE IN ITALY

 

f:id:hynm_kaneko:20170121073932j:image

116,000円(税抜き)

ドイツのカールフローデンバーグ社の植物タンニン鞣しによるボックスカーフを使用。
エレガントなロングノーズと繊細なモカ縫いが特徴の新型U チップ。
レショップ別注品。

 

 f:id:hynm_kaneko:20170121073945j:image

110,000円(税抜き)

通常ついていないタンを付け、限りなくブラックに近いダークネイビーのレザーを使用した別注ギリーシュー ズ。
ドイツのカールフローデンバーグ社の植物タンニン鞣しによるボックスカーフを使用。
レショップ別注品。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121073957j:image

127,000円(税抜き)

細いビットが特徴のバンプスリッポン。
上記2つと違い、クローム鞣しのカーフレザーを使用している。

 

f:id:hynm_kaneko:20170121074138j:image

ENZO BONAFE PER Le Yucca's
MADE IN ITALY

 

レショップとLe Yucca'sが提案する紳士靴の新しい形。

店頭にて是非ご覧くださいませ。

 

 

只今、海外にて買い付け中。

買い付けの様子も逐一インスタグラムやブログにてアップしていくつもりなので、ご興味ある方は是非フォローください。

 

L'ÉCHOPPE (@lechoppe.jp) • Instagram photos and videos

 

Keiji Kaneko (@keiji_kaneko) • Instagram photos and videos

未知の価値を求めて

f:id:hynm_kaneko:20170113070322j:image

 

本日より世界一周買い付けの旅に行って参ります。

 

まずはロンドンから入り、ヨーロッパの都市を転々としたあとアメリカに入ります。

 

今回もいくつか新しい試みを考えていますので、どうぞご期待ください。

 

とりあえずネタはたっぷり仕込みました。

 

まだ出発してませんが現時点で勝負は決まったようなもの。

 

これから訪れる予期せぬ出会いや発見も、もう決まっているのです。

 

あくまで自論ですが、

 

スポーツや勉強と一緒で、本番を頑張るというよりも、スタート前にどれだけ練習したり勉強したかで結果がすべて決まるように、買い付けも一緒と思っています。

 

私の場合は、あらかじめ予期せぬ事を狙ったネタの収集方法やスケジューリングを心掛けていて、遭遇する確率を上げるために必要以上に情報を集めます。

 

ひょっとしたらほとんど無駄な情報なのかも知れませんが、経験値的に、新しいことは無駄や計算されていないところから生まれる事が多く、そこをいかに計算して狙って行くかが勝負のしどころなのです。

 

こんな自論や考えも明日には変わってしまうかもですが、、今はそういった気持ちで未知の価値を追い求めています。

 

ロンドンは一年ぶり。

 

街の変化にはあまり期待していません。むしろ変わらないさまを見に行きます。

 

今の日本で変わらずに続けて行けていくということは至難の技。

 

ロンドンにはそのヒントが沢山あると思うのです。

その答えを探してきます。

 

あ、もちろん主眼は買い付けですよ。

 

また、今回の買い付けの様子も逐一インスタグラムやブログにてアップしていくつもりなので、ご興味ある方は是非フォローください。

 

L'ÉCHOPPE (@lechoppe.jp) • Instagram photos and videos

 

Keiji Kaneko (@keiji_kaneko) • Instagram photos and videos

 

それでは行ってきます。