Made in Paris

f:id:hynm_kaneko:20190121211001j:image

Parisの街角にひっそりと佇むお店「La Corderie」。

 

今から15年程前に初めて買い付けたコートはお気に入りで大切に着ていたけれど、さすがにもうボロボロになってしまいクローゼットにお蔵入り。

 

久しぶりに訪れて話を聞いてみると、今はもう卸売りはせずに個人のオーダーだけを受け付けているという。

 

けれども当時の事を覚えていた彼女は「あなたのお店の分なら作ってあげるわよ」とひとこと。

 

一人で応対し、ミシンを踏み、一着一着作り上げていくのは並大抵の労力ではないでしょう。

 

特に急がないとだけ伝えて受注内容を控えてもらう。

 

Made in Parisのコートの誕生をお楽しみに。

 

2018年1月の投稿より

 

 

ちなみに

f:id:hynm_kaneko:20190121161105j:image

La Corderieは、北マレのファッション系のショールームが乱立するエリアにあるんだけど、ホントにひっそりと佇んでるお店なので知ってる人は少ないと思う。



f:id:hynm_kaneko:20190121161521j:image

小さなアトリエだけど、設備も整っているし、一人だし必要にして十分。

 


f:id:hynm_kaneko:20190121161043j:image

ビスポークも受け付けているので、型紙の数は永遠に増え続ける...

 


f:id:hynm_kaneko:20190121161046j:image

古典的なカラーパレット。

 


f:id:hynm_kaneko:20190121161526j:image
彼女の手からMade in Parisのコートが生まれる。

 

 

----

 

 

あの日から一年。

 

ようやく我々の手元にオーダー分が届く。

 

昔と何一つ変わらぬ姿を見せた。

 

なにも考えずに適当に手にしたサイズをバサッと羽織ってベルトをギュッと締める。

 

そのぐらいの感じでサラッと着こなしたい。

 

そんな感じの服だ。

 

私たちがフランス人に憧れを抱いていたあの感じ。

 

あの雰囲気がこの服にはあると思う。

 

まずは着てみて欲しい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190121152018j:image

f:id:hynm_kaneko:20190121152022j:image

f:id:hynm_kaneko:20190121152029j:image
f:id:hynm_kaneko:20190121152038j:image
f:id:hynm_kaneko:20190121152033j:image

f:id:hynm_kaneko:20190121213253j:image

 

作りが良くて最高なコートは山ほどあるけれど、この感じは中々ないのでは?

 

手に入れるなら今のうちにだと思います。

 

La Corderie

フーデッドコート

ブラウンのみ

90,000yen +tax

 

発売は明日1月22日 15:00より

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

cageとkeijiが繋いだ一つの形

 

John cageの事を知るきっかけとなったのは、TWONESS x MIDORIKAWAのJohn cageスウェットだった。

 

 

John cageとは
ジョン・ミルトン・ケージ・ジュニアは、アメリカ合衆国出身の音楽家、作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家。実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与え、独特の音楽論や表現によって音楽の定義をひろげた。「沈黙」を含めたさまざまな素材を作品や演奏に用いており、代表的な作品に『4分33秒』がある。

 

 

www.instagram.com

 

John cageスウェットは、60年代の古着に見られる、偉大な音楽家をプリントしたスウェットシリーズをデザインソースとし、ベートーベンやモーツァルトのような歴史に名を刻む音楽家と同じく、偉大なアーティストとして、John cageへのリスペクトの意を込めて制作されたものだった。

 

www.instagram.com

 

私がJohn cageに興味を持った理由は、音楽でもなんでもなく、自分と同じ名前という事と、それを題材にしたアーティストがTWONESS村山氏であったという事だった。

 

しかし、欲しい欲しいと言いながらも買い逃してしまう。。。でもそんなアピールが良き方向へ向かっていった。

 

 

ーーー

 

 

今年の10月のNY出張。

久しぶりにTWONESS村山氏と会う機会があった。

 

私がインスタでアピールしていたのを見てくれていたようで、開口一番「ケージさんのお店でケージスウェットをやりませんか?ビンテージのスウェットにプリントしたらレショップさんらしいかと」との提案が飛び出した。

 

涙が出そうなほど嬉しかった。

初めて取り扱いのオファーを掛けてから苦節4年、ようやく取り扱い出来る日が来たのだ。

 

村山氏については、言葉で語るよりも彼の作品集を見ていただくのが一番だろう。

 

www.instagram.com

 

まさに天才である。 

コピーされすぎて可哀想でもある。。。。。。

 

 

ーーー 

 

 

以降、特に連絡を取り合うこともなく、忘れかけてた頃に突然連絡があり、いきなり「完成しました!」と(笑)。実はまあまあ数日前の話。

 

そして緊急発売と至ったのでした。

 

完成品はこちら。 

f:id:hynm_kaneko:20190111195720j:image

ヴィンテージの杢グレースウェットにプリントを施し、コンセプチュアルなスウェットシャツに仕上がった。

ビンテージボディなのでサイズ、コンディションともにアソートになります。

ひとつひとつお手に取り吟味してお選びください。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190111195948j:image

サイズはジャストサイズな感じが良さそう。

 

 

1月12日(土) 発売開始
※通信販売は13日より開始いたします。

 

John Cage Sweat Shirt
35,000yen+tax

 

お早めにどうぞ!

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

名品発掘 - 221villageと私 -

「季節に楽しむ料理と同じで、その時に手に入れることのできる素材を、その時の料理方法で食事する様な、素材から始まる服」

 

   221village

 

 

---

 

 

221villageデザイナーの坂下氏とは、エディフィス黎明期から関わりがあり、のちにEts. MATERIAUX(知る人ぞ知るお店?)でコンビを結成し、私はバイヤー、坂下氏はオリジナルのデザイナーとして商品開発全般を担った。

 

その時以来、13年ぶりの取り組みである本企画。

 

いつものように展示会に訪問し、一通り商品を見させていただいた後、フラッと裏の部屋を覗いた時に見つけてしまったのが今回ベースとなったジャケット。

 

特に展示会出すつもりもなく、なんとなく裏に置いておいたというジャケットが、いつもの悪い癖でどうしても気になってしまい、試着してみたら最高に良かったというオチ。

 

実はまだ製品化されていないサンプルだったということで、これまたラッキー。

 

製品化しない手はなかった。

 

---

 

開発コンセプトは「シャツのように着られるジャケット」。

 

まさにそれが具現化されたジャケットであった。

 

坂下氏の趣向やライフスタイル、ものづくりの姿勢が詰め込まれていた。

 

こんな、らしさ溢れる名品を隠している理由はなんだったのか??不思議でならなかったけれど、発見できた私は本当にラッキーだったとほくそ笑んだ。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190109094842j:image

f:id:hynm_kaneko:20190109144825j:image

いわゆるダブルブレステッドジャケットのスタイルだけど、ノッチドラペルだったりパッチポケットだったりと不思議な組み合わせなんだけど、全く違和感なく凛とした佇まい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190109094817j:image

よく見ると袖口は外側に三つ折り仕上げで、裾はシャツテール。

 


f:id:hynm_kaneko:20190109094820j:image

どう見てもシャツの背中。



f:id:hynm_kaneko:20190109094823j:image

Black

 


f:id:hynm_kaneko:20190109094838j:image

Green

 


f:id:hynm_kaneko:20190109094831j:image

三色展開

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190109145131j:image

着心地はシャツそのもの。

 


f:id:hynm_kaneko:20190109145123j:image

タートルネックを合わせれば少し締まった印象に。

 


f:id:hynm_kaneko:20190109145128j:image

ラペルはしっかりとジャケットしています。

 


f:id:hynm_kaneko:20190109145119j:image

適度な張りとドレープが美しい微起毛のリネン素材。

 

合わせるものも選ばない、フォーマル以外のシーンもOK。

 

レショップらしからぬ万能アイテムの登場です。

 

 

 

今までシャツジャケットといわれる類のものを敬遠してきた私のような全ての人に一度お試しいただきたい(このジャケットも分類すればシャツジャケット)。

 

 

221village

別注 Linen double breasted jacket

1月10日発売

32,000yen +tax

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

Recommend Sale Items

初売りで、かなりお得なアイテムが登場しております。

 

その中の一部をご紹介させていただきます。

 

 

www.instagram.com

 

L'ECHOPPEのエクスクルーシブブランド。ロエベ出身の女性デザイナーによるアウター専門ブランド。概念にとらわれないスポーティーとトラディショナルの融合が最大の魅力。たっぷりしたフォルムでレイヤードも楽しめます。

 

wiboe project

40%off

138,000yen  →  82,800yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

今シーズン大変人気だったCINIのアウターも一部お求めやすくなりました。カジュアルになりがちなチェック柄も、仕立ての良さと洗練されたデザインで、かなり上品に仕上がってます。

 

cini

30%off

150,000yen  →  105,000yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

両面使える色がポイントの中綿入りリバーシブルコート。ボリューミーになりがちな中綿入りだけど、見た目以上にタイトでスッキリとしたシルエット。

 

oof

40%ofd

48,000yen  → 28,800yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

つぎはぎだらけのビンテージも魅力的だけど、計算されたつぎはぎもまた魅力的。着込んで着込んでつぎはぎを追加してみたくなる一品。フランス製に負けず劣らずのオリジナルモールスキンの風合いも是非お楽しみください。

 

outil

40%off

39,000yen  → 23,400yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

ごく普通のチェックシャツに見えるけれど、実は英国高級服地名門マーチャント「ホーランド&シェリー」の服地を使ったシャツ。通常スーツに使われる生地だけに、コシとしなやかさは抜群でCPO的に使うことをオススメします。

 

niceness

 30%off

シャツ68,000yen  → 47,600yen +tax

ストール30,000yen  → 21,000yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

キッズベストを拡大した別注ベストもお求め易くなりました。レディースサイズからメンズサイズまで幅広く取り揃えてます。

 

rocky mountain featherbed

30%off

41,000yen  → 28,700yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

ザ・フレンチなコート。袖口の仕様はフレンチブランドに多く見られるターンナップカフ。これだけでご飯三杯食べれる人も多いのでは?フレンチ特有のたっぷりフォルムを踏襲しつつgraphpaperらしくソフィスティケートされているので、合わせるものを選ばないのも特筆する点。

 

graphpaper 

30%off

118,000yen  → 82,600yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

リアルフォックスファーを前面にあしらったウエストバッグ。見た目以上に薄手に作られているので収納力は低めだけど、アウターにインしてもかさばらず使いやすい。財布やカードケースなど入れるのに便利。

 

seil marschall

30%off

27,000yen  → 18,900yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

触ってビックリな高品質なシャツ地のストライプシャツ。通年使えるアイテムだけに購入するなら今がお得。

 

sofie d'hoore

40%off

45,000yen  → 27,000yen +tax

 

 

 

 

www.instagram.com

 

エスタンで始まりウエスタンで終わった18AWシーズン。少し珍しいカウボーイのワークジャケット。ワークウェアのようにラフに着倒してもいいし、テーラードジャケットのように上品にタイドアップして着たりしても面白い。

 

schaefer

40%off

ハーフ28,000yen  → 16,800yen +tax

ロング35,000yen  → 21,000yen +tax

 

 

気になるアイテムはお早めにご利用ください。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 

 


 

 

 

2019SS - Le Yucca's x L'echoppe

2018年8月に発表したLe Yucca's ”Goodyear welt” Collectionでは、完成形ともいえるベーシックモデルのデザインには一切手を加えず製法にだけ手を加えたものでした。

 

”Goodyear welt” Collectionでラインナップのベースを作りつつ、実は裏で同時進行していた完全別注二型が遅れて5ヶ月後の今到着した。

 

f:id:hynm_kaneko:20190101122101j:image

いつもは想像だけでほぼ100%予想できる範囲でのモノ作りだったけれど、今回のオファーは前例のないものへの挑戦だった。

 

想像だけでは難しい内容だった為サンプル作成から依頼した。

 

デザイナー村瀬氏帰国の際にサンプルをハンドキャリーしていただき入念に打ち合わせをするなど、完璧な仕上がりを目指すべく時間と労力を存分に掛けてきた。


f:id:hynm_kaneko:20190101122119j:image

実はスタッフのリクエストから生まれた本企画。全員で一丸となって考え抜きました。

 

f:id:hynm_kaneko:20190101125333j:image

細かな仕様やディテールの配置、スペックなどは村瀬氏に託し、慣れた手つきでペンを入れていく。


f:id:hynm_kaneko:20190101122115j:image

f:id:hynm_kaneko:20190101125415j:image

素人目には、ファーストサンプルでも十分に量産レベルに達していたかのように見えたけど、やはりプロの目は厳しかった。

 

我々のオーダーが、ほぼブラック一辺倒とわかっていながらも、メリージェーンのサンプルをあえてブラウンで上げてくるところなど、答えは村瀬氏が持っていた。

 

我々の想像なんて小さいもので、最初のイメージ段階で完成の70%ぐらいしか見えていない。

 

そんな私たちを相手に村瀬氏は答えを導き出さなければいけない。

 

やはり信頼できる相手同士じゃないとコラボレーションは難しい。

 

相手を信じれるかどうか。

そこに尽きるなと、改めて思った。

 

そして完成形は素晴らしい出来栄えだった。

 

f:id:hynm_kaneko:20181231214406j:image

f:id:hynm_kaneko:20181231215112j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214410j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214938j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214252j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214926j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214359j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214913j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214909j:image

美しすぎた。

 

無駄を削ぎ落とした2ホールのダービーシューズ。

 

先端の高さを抑え、やや先細りで美しいシェイプを描くYEBラストに、張り出しを抑えた丸コバ仕様。

 

履き口の縁にはグログランテープをあしらいフォーマルな印象を与える。

 

Le Yucca's史上最もスタイリッシュなレースアップシューズが完成した(と思ってる)。

 

2hole Dress Style

120,000yen+tax

 


f:id:hynm_kaneko:20181231214403j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214918j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214923j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214905j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214933j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231215204j:image
f:id:hynm_kaneko:20181231214355j:image

女性や子供向けの印象が強いメリージェーンを男性向けに製作を依頼した。

 

「Le Yucca'sでメリージェーンが欲しいです!!」

そんなスタッフの一声からスタートした企画。

 

ありそうでなかったメリージェーン。

 

村瀬氏がデザインするメリージェーンは絶対にいいに決まってると全員で確信しオーダー。

 

ギリーシューズに続き、新たな定番が生まれる予感しかしなかった。

 

恐らくその予感は的中しているであろう。

 

KARENAラストにもどハマりし、すでに名品のオーラを放っていた。

 

MaryJane Style

120,000yen+tax

 

 

年始早々お届けしたく準備をしてきました。

明日、2019年1月2日11:00より発売します。

 

WINTER SALEもどうぞお楽しみください!! 

 

 

それと、12月のShopping Addictでは、L'ECHOPPEの商品が2点もご紹介されています。

 

是非こちらもご覧くださいませ!

www.houyhnhnm.jp

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 

 


 

奇跡のバランスと年末最後のイベントのご案内

f:id:hynm_kaneko:20181228145402j:image

seven by sevenのレザーシャツ。

 

サンフランシスコで馴染みのビンテージディーラーから

 

「ジュンヤが好きそうなシャツが入ってきたぜ〜今度SFに来たらちょっと見に来いよ」

 

「うわっーやばい、なにこのバランス!最高だよ!」

 

そんな感じで掘り当てたシャツからインスパイアされて生まれてきた商品なんではないかと妄想してる。完全にただの妄想です。

 

このレザーシャツからはそんな情景が浮かんでくる。

 

こういうものって難しい作りではないんだけど、この奇跡的なバランス感は計算して生み出せるものではなくて、そんな出会いがあってこそ生まれてくるもんなんだと思う。間違ってたらゴメンナサイ。

 

この手の種類のアイテム製作では抜きん出て優れているseven by sevenのデザイナー川上氏。

 

なにが凄いかというと、具体的になにが凄いかわからないんだけど、毎シーズン確実に私たちのハートを鷲掴みにし、必ず着たい!欲しい!と思わせる商品をリリースしてくる。

 

もしかしたら「今の空気を取り入れるのが上手い」とかそんな感じでしょうか...違うか。

 

今回の別注は、いわゆる色別注。

 

デザインや素材は素晴らしく文句のつけようがない。

 

ただ、せっかく最高のレザーシャツなんだから、お客様には妥協なくお好みの1枚を選んでいただきたく3色プラスする事にしました。

 

舐めまわすように革のスワッチを眺める...かなり主観的だけれど、一番美味しいどころはベージュからブラウンにかけての茶系統だった。

 

その濃淡だけでも随分と色が違うし、スタッフみんな三者三様に好みも分かれた。

 

色を散らしたくなる気持ちをグッと堪えて、インラインのブラウンを起点にグラデーションで最高の3色を選んだ。

 

誰もが1色は気にいる色が見つかると信じ...

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181228143246j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143206j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143211j:image

Light Beige


f:id:hynm_kaneko:20181228143222j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143229j:image

Graysh Beige


f:id:hynm_kaneko:20181228143234j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143215j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143242j:image

Brown(インラインのカラー)


f:id:hynm_kaneko:20181228143226j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143238j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143219j:image

Dark Brown

 

f:id:hynm_kaneko:20181228143434j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143450j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143430j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143442j:image

170cm  size L

Dark Brown 着用

 

ビッグシャツというだけあって、ショートコートといえるぐらいビッグなフォルム。

 

素材のピッグスエードは薄手で軽く、レザー特有のズッシリ感は皆無。

 

冬場はコートのインナーに、春先はアウターとしてなど、着回しやすさは満点。

 

小さ目を選んでパンツにインしても良さそう。

 


f:id:hynm_kaneko:20181228143438j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143446j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143457j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143505j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143453j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228143501j:image

160cm size S

Light Beige着用

 

元々女性に向けては考えていなかったんだけど、袖が割と細身なのでバランスよく着れてしまいました。

 

 

【SEVEN BY SEVEN × L'ECHOPPE】

Leather Big Shirt Blouson

89,000yen+tax

 

本日より発売開始

 

 

 

そして明日から始まる緊急開催のイベントのご紹介も。

f:id:hynm_kaneko:20181228164004j:plain



L'ECHOPPEでは、昨シーズンから展開がスタートしたSOLARIS HATMAKERS & Co.のカスタムオーダーイベントを開催します。

 

今回は19SS新作の中でも特に気になったレザーにフォーカスしカラーオーダーをさせていただく事になりました。

 

レザーの帽子で良いものって、今まであまり無かったので、個人的にもかなり嬉しい企画です。 

 

もちろんサイズも選べますので、普段店頭でなかなか自分のサイズが見つけられない方にもオススメなイベントとなっています。

 

対象アイテムはこちら。


f:id:hynm_kaneko:20181228132612j:image

KIPPA <MONTANA>

25,800yen +tax


f:id:hynm_kaneko:20181228132556j:image

BUCKET HAT <BADBOY>

26,000yen +tax


f:id:hynm_kaneko:20181228132543j:image

CLASSIC CASQUETTE <OLDBOY>

26,800yen +tax

 

 

馴染みがある中でも、割とクセがあるものを選んでいます。

 

けど、実は被りやすいようにバランスが整えられていて、かなり被りやすくなっています。

 

レザーの質感も最高です。

 

他には、19SSの新作から以下の2アイテムをチョイスしてます。


f:id:hynm_kaneko:20181228132552j:image

PANAMA “PIE” HAT <CASABLANCA>

42,000yen +tax

リボンの色が選べます。


f:id:hynm_kaneko:20181228132739j:image
f:id:hynm_kaneko:20181228132540j:image

PANAMA “MASTER” HAT <MOONLIGHT>

42,000yen +tax

ご用意するビンテージのスカーフの中からお好みのものを選んでいただけます。

 

<CUSTOM ORDER>

SOLARIS HATMAKERS&Co 

開催期間 :12月29日(土)、30日(日)

 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


ミスター・アメリカとゆく、至高のベースボールキャップを求めて

f:id:hynm_kaneko:20181224083341j:image

アメリカ製でバランスの良いベースボールキャップを探し続けてうん10年。

 

アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人のためのベースボールキャップなんだから、日本人にジャストミートする訳がないんだけど、ずっと探し続けていた。

 

割とキャップをかぶってるイメージが強いと言われる自分だけど、実は似合う形は少ない。

 

自分が似合うものはだいたい坊主頭にしか合わないようなものばかり。

 

その昔、自分の頭に完璧にフィットさせたキャップを作ったことがあったんだけど、見事にかぶれる人がいなかった...みんな浅すぎてかぶれない。

 

通称ハゲちゃん帽(一部の人達からはハゲちゃんと呼ばれてます)は、スーパー死に筋商品として、みなさまに大変ご迷惑を掛けてしまった経緯もあり、個人的にトラウマあり。

 

だからあまりにも自分にフィットするものは危険というのを知っている。

 

もうあんな過ちは犯すまい。

 

---

 

前からInstagramなんかでよく目にしていたベースボールキャップがあった。

 

f:id:hynm_kaneko:20181224142823j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224142836j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224142818j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224142827j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224142815j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224142832j:image

ブランド名はFAIRENDS(フェアエンズ)

形はオーソドックスな6パネル。

ワンサイズフィッツオール。

浅くもなく深くもない。

 

画像で見る限り完璧。

 

 

 

そして2018年1月のニューヨーク出張の際に会えるようにコンタクトを取った。

 

f:id:hynm_kaneko:20181224180415j:image

「ミスター・アメリカ」ことNEAT西野氏にも同伴していただいた。


f:id:hynm_kaneko:20181224180403j:image

堂々とよそ様のベースボールキャップをかぶっての商談...


f:id:hynm_kaneko:20181224180407j:image

f:id:hynm_kaneko:20181224180411j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224180400j:image

ミスター・アメリカも納得クオリティとデザイン。

 

ようやく坊主頭でも長髪でも、顔の形も性別も問わない(当社比)キャップを見つける事ができた。

 

 

 

L'ECHOPPEスタッフにもかぶっていただきました。

 

f:id:hynm_kaneko:20181224131331j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131326j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131701j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131316j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131640j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131649j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131346j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131319j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131343j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131409j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131406j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131312j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131643j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131335j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131323j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131351j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131657j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131653j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131338j:image
f:id:hynm_kaneko:20181224131357j:image

 

ヒゲ面ばかりで申し訳ないです....

 

---

 

FAIRENDSとは

ベンとマーティンは、ロウワーマンハッタンでカスタムバイシクルショップの共同経営からスタートしたが数年でそのプロジェクトは終了してしまう。

 

2人はその後も連絡を取り合い新たなプロジェクトを模索していた。

 

それからカスタムメイドのキャップデザインの依頼を受け、ベンとマーティンはお互いのスキルを活かしてキャップ制作に取り組んだのをきっかけにFAIRENDSは2011年に正式に立ち上がる。

 

ニューヨークとモンタナを拠点に置く彼らは、都市と西部の良さを表現すべく色とりどりのキャップを作りたいと考えた。反面シンプルさにこだわり、ロゴを省き、奇抜さも排除して現在の形が出来上がる。

 

FAIRENDSのキャップはすべてカリフォルニア州で製造されている。

 

 

Patagonia

Ringtail

Woolrich

The Radavist

Golden Saddle Cyclery

etc...

 

私が個人的にセンスがいいなと思う人達とのコラボレーションや、パタゴニアでのカスタムキャップツアーなど、Instagramを見ていても興味深い取り組みが多い。

 

現在インラインの卸売りには積極的ではなく、ほぼL'ECHOPPEのエクスクルーシブ状態。

 

今までキャップが苦手だった人も是非一度試してみてほしい。

 

余談だけど、L’マークのものは、出来ればL'にして欲しかった(笑)

でも、そんなところもアメリ感で好き。

 

 

FAIRENDS cap

すべて7,000yen +tax

 

L'ECHOPPE公式通販サイトからもご購入いただけます。

baycrews.jp

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし