気になったモノや先のことなど

2018AW仕入れも佳境に入っており、ちょっとバタバタした日々が続いております。

 

新しいチャレンジも増え、考えなきゃいけない事も山ほどあり充実した日々を過ごしています。

 

インプットが多すぎてパンクしそうなので一気に吐き出していきたいと思います。

 

私なりには時系列に書いてるつもりですが、色々ごちゃ混ぜです、、、

 

では

 

 

NICE NESS "WILD SILK DENIM PANTS"入荷

f:id:hynm_kaneko:20180423142120j:plain

一瞬で一目惚れしてしまったブランド『NICENESS』

”Just good is good(イイものはイイ)”がコンセプト。

 

個人的にも理屈抜きにイイと思えるものばかりで、18SSのラインナップは、ほぼすべてがツボでした。

一番のお気に入りのこのボトムは、一見普通のデニムのように見えますが、実はワイルドシルクと呼ばれる超贅沢な糸を使用したもので、見た目に反して肌触りがよく、脚を通した瞬間にちょっとニヤけてしまうほど履き心地の良さが魅力です。

 

Levi’s517を踏襲したというブーツカットなシルエットも、ややオーバーサイジングな設定によりルーズにダラダラと履けてしまうのがまたツボでした。

 

*ワイルドシルク(野生の蚕が作る糸)は「多孔性繭糸」と呼ばれ、一般的な蚕が吐く糸と比べ、断面図を見るとスポンジ状の穴がたくさんあいています。そのため、乾燥を防ぎ、潤いを保つ特性があります。さらに、多孔性であるため、より多くの紫外線を反射・吸収してくれます。紫外線カット効果も一般的な蚕から作る生地よりも高いです。

 

f:id:hynm_kaneko:20180423142147j:plain

このサイケデリックなベルトの発色のよいコバ塗りは、職人の手により三度塗りして仕上げられたという手間暇かけて作られた一品。

 

とにかくすべてが"イイ"なNICENESSでした。

 

 

FRANK LEDER "BREACH COLLECTION"入荷

f:id:hynm_kaneko:20180425212723j:image

待ちに待ったBREACHコレクションが入荷してきました。

 

FRANK氏自身が一点づつブリーチして仕上げていく貴重なコレクション。

 

個人的に、タイダイ(絞り染め)を彷彿させるブリーチからはヒッピーカルチャーや往年のサーファーのスタイルをイメージしてしまいます。

 

いつものFRANK流のワークスタイルではなく、思いっきりアメリカンな着こなしに合わせてみるのが面白いのではないかと思いました。

 

 

 

HED MAYNER別注デニム入荷

f:id:hynm_kaneko:20180425235053j:image

極端にテーパードしたワイドシルエットも、ちょっとサーフな感じが気分。

 

HED MAYNERとサーフってありえないイメージなんだけど、そんなの関係なく自由に組み合わせてみたい。

 

f:id:hynm_kaneko:20180425235311j:image

こんな風にローファーと合わせてみるのも素敵かと。

 

 

 

2018AW M's Braque  Western Shirt

f:id:hynm_kaneko:20180425235940j:image

突然来季の話ですが恐縮ですが、、もの凄くツボなシャツを見つけてしまったのでフライングしてご紹介。

 

完全に某ウエスタンシャツのオマージュなのですが、M'sだけにMのステッチが入っています(笑)あまりにも自然だし、縦長を強調したシルエットになっていたり、実はウール混だったりと普通に見えてギミック満載で個人購入決定アイテム。

 

発売は8月頃でしょうか?お楽しみに。

 

 

 

JOHN SMEDLEY "CASHMERE COTTON" CREW NECK入荷

f:id:hynm_kaneko:20180426000718j:image

シーアイランドコットンでも十分な気持ち良さがあるのですが、さらに上をいくアイテムを見つけてきました。

 

カシミアがミックスされたこちらは、これ以上とないソフトな着心地で是非一度みなさまにもお試しいただきたい。

 

色目も落ち着きがあり、これからのシーズンの室内着として最高の一着になることは間違いないでしょう。

 

常にバッグに仕舞い込んでおきたい一品です。

 

最近こういうスーパーサブ的なものに惹かれます。

 

色はグレー、ボルドー、ベージュ、ブルー(画像のもの)。

 

 

 

某CLIMBING BAG初上陸

f:id:hynm_kaneko:20180423142208j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423151940p:plain

60~70年代のクラシカルなルックスと実用性を兼ね備えた超本格的なクライミングバッグメーカー。

 

お披露目は来月。

 

 

 

2018 SS 別注FRED PERRY

f:id:hynm_kaneko:20180423142312j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423155044j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423155119j:plain

7月発売を予定しているFRED PERRYの別注ポロの企画が大詰めを迎えています。

 

今回の素材開発は超難儀しました。

 

かなり時間が掛かりましたが、ようやく納得の仕上がりまで漕ぎつけました。 

 

詳しくはまたお知らせします。

 

 

まだ書き足りないのですが、、時間もないのでまた近々アップします!

 

それと本日からゴールデンウィークにかけて新入荷のラッシュです。

 

Instagramにて情報を流していきますので気になる方は是非チェックください。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


買い物のプロから感じたこと

f:id:hynm_kaneko:20180411105146j:image

まるでレコードを吟味するかのようなタッチで洋服を一着一着手に取り吟味していく。

 

店内を3周ほどして人が手に取らないようなものを小気味よくピックアップしていく、とある買い物のプロ。

 

私が世界のどこかで買い付けしている時と同じ行動と手さばき(おそらく)。

 

きっと彼は私が買い付けで体験している事をL'ECHOPPEで体験している。

 

あくまで私はみなさまの代わりに買い付けしているだけの役割。

 

私が体験しているような事をみなさまにもL'ECHOPPEで体験していただきたいと願っています。

 

私は時々お店の中をフラフラすることがあるのですが「こちらのお客様はウチで何を発見していくんだろう?」なんて考えながらワクワク見守っていたりします。

 

昨日はその光景を目の当たりにし、さらに前進していこうと決めたのでした。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

 

SAINT RITA PARLORがくるぅ〜

f:id:hynm_kaneko:20180407214154j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214209j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214234j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214259j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214332j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214403j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214448j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214509j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214529j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214611j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214628j:image

 

6月にロサンゼルスで再会を果たしたSAINT RITA PARLORのニール。

 

過去の記事はこちら

http://kaneko.blog.houyhnhnm.jp/entry/2017/11/23/060039

 

正直彼がどういう人物なのかよく分かっていなかったので今回の再会はとても楽しみでした。

 

予想を超えてくるとは思っていたけれど、それでも驚いてしまうほどセンセーショナルな再会となりました。

 

 

徹底して己の世界観にこだわる彼は、製品のテーマに合わせてショールーム兼住居を作り替えるという。

 

ビンテージ以外の家具類も、ほぼ彼のハンドメイドで既製品と思わせるほどのクオリティ。

 

とにかくなんでも自分で作ってしまうそうだ。

 

製品としてのアイウェアや香水、バッグ、ウェア(実は作っている)も、けして特別に作られたものではなく、彼のライフスタイルそのものなのです。

 

もちろん製品そのものに惹かれて仕入れたアイウェアだったけれど、身元もよくわからない彼に惹かれていたのも事実であり、彼の製品でなかったら仕入れていなかったかも知れません。

 

今回このブランドの本質が見えた所で、なぜ私がSAINT RITA PARLORを仕入れてしまったのかがようやく理解できました。

 

その時に「4月に来日するからトランクショーをやろう」と言われていたのですが、明日4/8(日)の1日限りで行う事になりました。

 

私が前回味わった、店頭での突然の買い付けのような感覚をお客様にも味わって頂けるのではないかと思っています。

 

当日はもちろんニール本人も居ますのでお楽しみに。

 

f:id:hynm_kaneko:20180407224506j:image 

一体どの商品を用意してくるのかもわかっていませんが、上記の画像内にある商品が来るのではないかと予想しています。

 

我々も楽しみなイベント。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

COMOLI for L'ECHOPPE 今シーズンの最終便

f:id:hynm_kaneko:20180405230633j:image

f:id:hynm_kaneko:20180405230451j:image

f:id:hynm_kaneko:20180405230506j:image

f:id:hynm_kaneko:20180405230650j:image

 

昨シーズンのミリタリーライクな素材から一変フレンチワークのブラックシャンブレーのような趣きのあるラミーリネンを使用したセットアップは、リラックス感がありつつも制服のような堅さを併せ持ち、より理想的な形になりました。

 

先シーズン同様イタリア人テキスタイルデザイナーによる生地を選んでいます。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180405233619j:image

2シーズン目となる別注ジャケットは、素材とデザインのマッチングが抜群で完全に馴染んでいます。

 

イギリスのホスピタルジャケットがベースである事を微塵も感じさせないぐらいの仕上がりになっています。

 

f:id:hynm_kaneko:20180405234029j:image

表情豊かな素材が無骨なワークパンツをも軽やかに演出します。

 

別注ジャケットのやや裾広がりなフォルムと相性の良いワイドテーパードなシルエット。

 

色目の重さに反して軽いタッチの生地は夏場でも心地よく履けると思います。

 

 

4/6(金)発売開始

別注ジャケット 55,000円(税抜き)

ワークパンツ 40,000円(税抜き)

 

COMOLI for L'ECHOPPEの経緯などは、第1作目のインタビュー記事をご覧ください。

http://www.houyhnhnm.jp/feature/95167/

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

 

 

 

不良在庫の人気者こと【MASCOTライダースジャケット】

f:id:hynm_kaneko:20180404100701j:image

1年前にイギリスで仕入れたヴィンテージのMASCOTのライダースジャケット。50年代のもの。

 

f:id:hynm_kaneko:20180404102622j:image

絶妙なバランスのセミダブルのデザインは秀逸で、お客様からの注目度も高く購入したいとの声も多かったのですが、サイズがやや小ぶりなのと、素材が革ではなく厚手のラバーだったため、最終的には敬遠されてしまい不良在庫の人気者として揺るぎない地位を確立しつつありました。

 

そんな中18AWのネタの打ち合わせをしている時にMASCOTを作ってはどうだ?という声が上がり、相談するなら「James Groseだよなー」なんて考えていたところ、昨日偶然にもJames Groseの代理店の方に道端でばったり遭遇してしまう。

 

普段から割とこういう事が多いのですが、今回はあまりにもタイムリーすぎて驚きを隠せず、突き動かされるように事の経緯を説明し、なんとなく理解して頂けたところで、そのままL'ECHOPPEに誘導してジャケットについて説明し、企画内容についても快諾いただく。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20180404104000j:image

f:id:hynm_kaneko:20180404104425j:image

f:id:hynm_kaneko:20180404104441j:image

そのまま先方のオフィスにお邪魔しディテールやサイジング、パターンについてあーだこーだとリクエストして一気にサンプル作成までお願いしてきました。

 

出会ってから2時間ほどの出来事。

 

お互いのフットワークの良さが噛み合って一つの商品が生まれる、これは快感です。

 

これはもう生まれるべくして生まれてくるもの。

 

今まで欲しくても買えなかった方達の手に渡っていくのならバイヤー冥利に尽きます。

 

デザイン的に女性にも向いていると思いレディースサイズから用意することに、女性の方もお楽しみに。

 

サンプルが上がってきたらまたレポートします。

 

 

 

出会いといえば、以前お話ししたSaint Rita Parlorが今週末日本にやって来ます。

 

その時の記事はこちら。

http://kaneko.blog.houyhnhnm.jp/entry/2017/11/23/060039

 

f:id:hynm_kaneko:20180404212347j:image

 

前回LAで約束していたのですが、L'ECHOPPE内で一日限定のゲリラショップを開催することになりました。

 

あの時仕入れたアイウェアはほとんど売れてしまったので買い逃してしまった方はチャンスです。

 

どんなアイテムが届くのか分かっていませんが(笑)

 

詳しくはまたお知らせします!

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

【 PERIOD FEATURES 】TRUNK SHOW 3/15〜

インドの伝統技術を駆使して製作された製品は魅力的である一方、コントロールが難しく、狙い通りに仕上げ、期日通りに日本に送り届けるのは至難の業である。

 

PERIOD FEATURES(ピリオド フィーチャーズ)の津村氏は、自ら現地に何度も足を運び、インドの素晴らしい手仕事の数々をシャツという衣服に載せて表現し、我々に届けてくれています。

 

ブランド設立から3年を経て、現在ではインドの伝統技術をほぼ網羅しつくしたコレクションにまで発展しました。

 

IKAT

JAMDANI

JACQUARD

KHADI

DHAKAI

TIE-DYE

etc...

 

L'ECHOPPEとのお付き合いも3年が経ち、今回で2回目となるTRUNK SHOW。

 

f:id:hynm_kaneko:20180314220555j:image

 

完璧にファッションアイテムとして落とし込まれたインドの伝統技術を一挙にお披露目いたします。

 

f:id:hynm_kaneko:20180314221837j:image

 

この貴重な機会をお見逃しなく。

 

開催期間 3/15〜3/21

 

L'ECHOPPEとPERIOD FEATURESの歴史はこちらよりご覧ください。

 

http://kaneko.blog.houyhnhnm.jp/entry/2016/05/26/115450

 

 商品についてはInstagramにてアップしていきます。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし