私の中のフレンチブルー(完)

これほど鮮烈な印象を受けたブルーはない。

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234730j:image

 

『インターナショナル・クライン・ブルー』は、単色の作品を制作するモノクロニズムを代表するフランスの画家Yves Kleinが開発した色。

 

私の中でフレンチブルーを象徴する色って漠然としていたけど、ようやくコレだというものに出会いました。

 

そして、その憧れのフレンチブルーを「ANATOMICA」の協力を得て、ポケットT、マルニエールクルーネックT、マルニエールショールカラーTの3型に落とし込み、ご提案させていただける事になりました。

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234940j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180509235056j:image

POCKET TEE¥6,500+TAX

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234950j:image

MARNIER CREW NECK TEE ¥12,000+TAX

 

f:id:hynm_kaneko:20180509234959j:image

MARNIER SHAWL COLLAR TEE  ¥14,000+TAX

 

 

「ANATOMICA x L'ECHOPPE」

発売は明日5月10日(木)より。



■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


最後の灯火(けして悲しいお話ではありません)

f:id:hynm_kaneko:20180502184157j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184202j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184207j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184222j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184227j:plain

前シーズンは取扱先が殆どなかったCLEAR WEATHERも、人気急上昇とともにものすごい勢いで取扱先も増え、どこでも見かけるようになりました。

 

そうなってくるとL'ECHOPPEとしては御役御免。

 

我々のような小規模店舗でチマチマ扱うよりも、大規模な店舗や有名チェーン店で幅広いラインナップと奥行きで、しっかりとお客様にお届けしていく方が良いと考えます。 

 

ということで次シーズンから取扱いを辞めてしまうのですが、L'ECHOPPEにとっては最後のシーズン、、、

 

ダントツにイケてた『WHITE』を大フィーチャーし、ありとあらゆるWHITEの品番を集めてみました。

 

CLEAR WEATHERのWHITEが気になる方は是非L'ECHOPPEへ。

 

我々規模で出来る最後の悪あがき、でした。 

 

ちなみに 

f:id:hynm_kaneko:20180502184653j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180502184648j:plain

WHITE以外には、この2品番の取扱いがあります。

 

 

 

さてと、そろそろ第二のCLEAR WEATHER探しに出掛けてきます。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


"Karim's Vintage Pop Up"

f:id:hynm_kaneko:20180430045402j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045500j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045516j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045541j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045425j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180430045700j:image

"Karim Hadjab"

 

LAILAさん主催のイベントのために来日していたKarim氏。

 

たまたま立ち寄ったL'ECHOPPEの軒先のスペースに目をつけ、密かに持参してきていたフレンチビンテージのポップアップをやらせてくれないかと熱烈なオファーが舞い込んできた。

 

 

実は彼の事は15年程前から知っていて、パリのマレ地区にある彼のビンテージショップでよく買い付けさせてもらっていたので、私の中では今でもビンテージディーラーというイメージなのですが、現在の彼はパリを拠点に活動するデザイナーでありアーティストとして知られているようです。

 

久しぶりに出会った彼は、ビンテージディーラーという生業から様々な経験を経て辿り着いた哲学をもとに進化していました。

 

『時を経た洋服は、まさに人間のように生きている』

 

2015AWシーズンより日本での展開もスタート。

 

洋服に四季を与えることをテーマにした"4seaons"は、一年もの間洋服を自然環境に置き、自然の中でしか表現できないクリエイションを確立した。

 

f:id:hynm_kaneko:20180430061458j:image

f:id:hynm_kaneko:20180430063025j:image

f:id:hynm_kaneko:20180430063048j:image

今回発表した"APRES"は新品のウェアに3Dプリンターを活用してエイジングプリントを施すなど、ビンテージに抵抗がある方にも楽しめるコレクションになっています。

 

見る人の心を一瞬にして捉える斬新なアイディアや一貫して哲学を貫く姿勢には感銘を受けます。

 

その彼のクリエイションの源であるデッドストックのビンテージを仕入れる機会が突如降ってきて喜びも大きいのですが、連休入ってから本人との打ち合わせなど、あまりにも突然の事だったのでスタッフ一同準備にてんやわんや、、、でもなんとか発売できそうです。

 

Karim本人もちょくちょく顔を出して『色止め』のデモンストレーションなども行う予定ですのでお楽しみに。

 

※色止めについて。50年代以前の製品の染色は色落ちしやすいものが多く色止めする必要があります。当時は製品についてくるフラッシャーに色止めの方法が記載されていたりしていたそうです。「お酢や雨水を使用して色止めを行います.....」など、購入者はその指示に従って色止めを行なってから着用するというのが通例だったそうです。

 

開催期間 4/30〜5/6

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


OGxOLIVER GOLDWEEK by OG×OLIVER GOLDSMITH

 

f:id:hynm_kaneko:20180428000946j:image

昨シーズンよりレショップでは英国アイウェアブランドOG×OLIVER GOLDSMITHの眼鏡を全型取り揃え、kodak社製のハイクオリティレンズと連動したオーダーシステムを実施してまいりました。

 

その取り組みが、同ブランドのサングラスのフルコレクションを新たに加え、GW限定でパワーアップいたします。

 

もちろん、通常の眼鏡に対してお好きな色のレンズをカスタムしていただくことも可能です。

 

同時にこの初夏発表予定の新作を先行発売させていただきます。

 

スケートボードカルチャーとミュージックカルチャーのPUNKSからインスパイヤーされた新作のデザインシェイプは、流行としては早くハイセンスな人には懐かしく感じられることでしょう。

 

感覚的なアプローチを行う同ブランドのフルコレクションと新作を是非ご高覧いただき、初夏の支度をレショップで済ませてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:hynm_kaneko:20180428001007j:image

開催期間:4/28-5/6

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


気になったモノや先のことなど

2018AW仕入れも佳境に入っており、ちょっとバタバタした日々が続いております。

 

新しいチャレンジも増え、考えなきゃいけない事も山ほどあり充実した日々を過ごしています。

 

インプットが多すぎてパンクしそうなので一気に吐き出していきたいと思います。

 

私なりには時系列に書いてるつもりですが、色々ごちゃ混ぜです、、、

 

では

 

 

NICE NESS "WILD SILK DENIM PANTS"入荷

f:id:hynm_kaneko:20180423142120j:plain

一瞬で一目惚れしてしまったブランド『NICENESS』

”Just good is good(イイものはイイ)”がコンセプト。

 

個人的にも理屈抜きにイイと思えるものばかりで、18SSのラインナップは、ほぼすべてがツボでした。

一番のお気に入りのこのボトムは、一見普通のデニムのように見えますが、実はワイルドシルクと呼ばれる超贅沢な糸を使用したもので、見た目に反して肌触りがよく、脚を通した瞬間にちょっとニヤけてしまうほど履き心地の良さが魅力です。

 

Levi’s517を踏襲したというブーツカットなシルエットも、ややオーバーサイジングな設定によりルーズにダラダラと履けてしまうのがまたツボでした。

 

*ワイルドシルク(野生の蚕が作る糸)は「多孔性繭糸」と呼ばれ、一般的な蚕が吐く糸と比べ、断面図を見るとスポンジ状の穴がたくさんあいています。そのため、乾燥を防ぎ、潤いを保つ特性があります。さらに、多孔性であるため、より多くの紫外線を反射・吸収してくれます。紫外線カット効果も一般的な蚕から作る生地よりも高いです。

 

f:id:hynm_kaneko:20180423142147j:plain

このサイケデリックなベルトの発色のよいコバ塗りは、職人の手により三度塗りして仕上げられたという手間暇かけて作られた一品。

 

とにかくすべてが"イイ"なNICENESSでした。

 

 

FRANK LEDER "BREACH COLLECTION"入荷

f:id:hynm_kaneko:20180425212723j:image

待ちに待ったBREACHコレクションが入荷してきました。

 

FRANK氏自身が一点づつブリーチして仕上げていく貴重なコレクション。

 

個人的に、タイダイ(絞り染め)を彷彿させるブリーチからはヒッピーカルチャーや往年のサーファーのスタイルをイメージしてしまいます。

 

いつものFRANK流のワークスタイルではなく、思いっきりアメリカンな着こなしに合わせてみるのが面白いのではないかと思いました。

 

 

 

HED MAYNER別注デニム入荷

f:id:hynm_kaneko:20180425235053j:image

極端にテーパードしたワイドシルエットも、ちょっとサーフな感じが気分。

 

HED MAYNERとサーフってありえないイメージなんだけど、そんなの関係なく自由に組み合わせてみたい。

 

f:id:hynm_kaneko:20180425235311j:image

こんな風にローファーと合わせてみるのも素敵かと。

 

 

 

2018AW M's Braque  Western Shirt

f:id:hynm_kaneko:20180425235940j:image

突然来季の話ですが恐縮ですが、、もの凄くツボなシャツを見つけてしまったのでフライングしてご紹介。

 

完全に某ウエスタンシャツのオマージュなのですが、M'sだけにMのステッチが入っています(笑)あまりにも自然だし、縦長を強調したシルエットになっていたり、実はウール混だったりと普通に見えてギミック満載で個人購入決定アイテム。

 

発売は8月頃でしょうか?お楽しみに。

 

 

 

JOHN SMEDLEY "CASHMERE COTTON" CREW NECK入荷

f:id:hynm_kaneko:20180426000718j:image

シーアイランドコットンでも十分な気持ち良さがあるのですが、さらに上をいくアイテムを見つけてきました。

 

カシミアがミックスされたこちらは、これ以上とないソフトな着心地で是非一度みなさまにもお試しいただきたい。

 

色目も落ち着きがあり、これからのシーズンの室内着として最高の一着になることは間違いないでしょう。

 

常にバッグに仕舞い込んでおきたい一品です。

 

最近こういうスーパーサブ的なものに惹かれます。

 

色はグレー、ボルドー、ベージュ、ブルー(画像のもの)。

 

 

 

某CLIMBING BAG初上陸

f:id:hynm_kaneko:20180423142208j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423151940p:plain

60~70年代のクラシカルなルックスと実用性を兼ね備えた超本格的なクライミングバッグメーカー。

 

お披露目は来月。

 

 

 

2018 SS 別注FRED PERRY

f:id:hynm_kaneko:20180423142312j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423155044j:plain

f:id:hynm_kaneko:20180423155119j:plain

7月発売を予定しているFRED PERRYの別注ポロの企画が大詰めを迎えています。

 

今回の素材開発は超難儀しました。

 

かなり時間が掛かりましたが、ようやく納得の仕上がりまで漕ぎつけました。 

 

詳しくはまたお知らせします。

 

 

まだ書き足りないのですが、、時間もないのでまた近々アップします!

 

それと本日からゴールデンウィークにかけて新入荷のラッシュです。

 

Instagramにて情報を流していきますので気になる方は是非チェックください。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


買い物のプロから感じたこと

f:id:hynm_kaneko:20180411105146j:image

まるでレコードを吟味するかのようなタッチで洋服を一着一着手に取り吟味していく。

 

店内を3周ほどして人が手に取らないようなものを小気味よくピックアップしていく、とある買い物のプロ。

 

私が世界のどこかで買い付けしている時と同じ行動と手さばき(おそらく)。

 

きっと彼は私が買い付けで体験している事をL'ECHOPPEで体験している。

 

あくまで私はみなさまの代わりに買い付けしているだけの役割。

 

私が体験しているような事をみなさまにもL'ECHOPPEで体験していただきたいと願っています。

 

私は時々お店の中をフラフラすることがあるのですが「こちらのお客様はウチで何を発見していくんだろう?」なんて考えながらワクワク見守っていたりします。

 

昨日はその光景を目の当たりにし、さらに前進していこうと決めたのでした。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

 

SAINT RITA PARLORがくるぅ〜

f:id:hynm_kaneko:20180407214154j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214209j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214234j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214259j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214332j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214403j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214448j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214509j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214529j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214611j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180407214628j:image

 

6月にロサンゼルスで再会を果たしたSAINT RITA PARLORのニール。

 

過去の記事はこちら

http://kaneko.blog.houyhnhnm.jp/entry/2017/11/23/060039

 

正直彼がどういう人物なのかよく分かっていなかったので今回の再会はとても楽しみでした。

 

予想を超えてくるとは思っていたけれど、それでも驚いてしまうほどセンセーショナルな再会となりました。

 

 

徹底して己の世界観にこだわる彼は、製品のテーマに合わせてショールーム兼住居を作り替えるという。

 

ビンテージ以外の家具類も、ほぼ彼のハンドメイドで既製品と思わせるほどのクオリティ。

 

とにかくなんでも自分で作ってしまうそうだ。

 

製品としてのアイウェアや香水、バッグ、ウェア(実は作っている)も、けして特別に作られたものではなく、彼のライフスタイルそのものなのです。

 

もちろん製品そのものに惹かれて仕入れたアイウェアだったけれど、身元もよくわからない彼に惹かれていたのも事実であり、彼の製品でなかったら仕入れていなかったかも知れません。

 

今回このブランドの本質が見えた所で、なぜ私がSAINT RITA PARLORを仕入れてしまったのかがようやく理解できました。

 

その時に「4月に来日するからトランクショーをやろう」と言われていたのですが、明日4/8(日)の1日限りで行う事になりました。

 

私が前回味わった、店頭での突然の買い付けのような感覚をお客様にも味わって頂けるのではないかと思っています。

 

当日はもちろんニール本人も居ますのでお楽しみに。

 

f:id:hynm_kaneko:20180407224506j:image 

一体どの商品を用意してくるのかもわかっていませんが、上記の画像内にある商品が来るのではないかと予想しています。

 

我々も楽しみなイベント。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし