【 SHOES 10% OFF WEEK 】

f:id:hynm_kaneko:20181108215328j:image

f:id:hynm_kaneko:20181108215301j:image

明日11月9日から11月16日までの期間限定で、シューズ全品を10%OFFさせていただきます。


f:id:hynm_kaneko:20181108215313j:image


f:id:hynm_kaneko:20181108215324j:image

皆様のご来店スタッフ一同お待ちしております。 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


不良在庫の人気者、蘇る 【 JAMES GROSE x L'ECHOPPE 】

 

kaneko.blog.houyhnhnm.jp

 

すごい言われようのMASCOTのライダースジャケットですが、、、JAMES GROSE協力のもと、見事に復活を遂げました。

 

 

Men's

f:id:hynm_kaneko:20181108083134j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083237j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083216j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083226j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083144j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083209j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083121j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083202j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083131j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083206j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083223j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083219j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083230j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083147j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083154j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083241j:image

 

 

Ladies
f:id:hynm_kaneko:20181108083141j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083157j:image
f:id:hynm_kaneko:20181108083125j:image

 

135,000yen +tax

 

本日より発売開始。

 

 

ベイクルーズストアでも発売中。

Men's

https://baycrews.jp/item/detail/lechoppe/blouson/18010050001830

 

Ladies

JAMES GROSE / ジェームスグロース leather jk|L'ECHOPPE(レショップ)公式のファッション通販|【18010052100130】- BAYCREW’S STORE

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

最強の散歩コートをトスカーナより

イタリア人は自国の風土や趣向に合わせて服をつくるのが極めて上手い。

 

TOGAという一枚を羽織ることから始まったとされるイタリアの服飾史。

 

イギリス発祥の重厚感があり構築的なスーツも、彼らの手にかかれば軽やかで柔らかいシルエットに生まれ変わります。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181107092459j:image

羽織るという表現がしっくりくるIsabel Benenatoのコートも、イタリアの服飾史が凝縮された一着だと個人的には思った。

 

f:id:hynm_kaneko:20181107105755j:image

生地は、ナッピングウールと呼ばれる毛玉が特徴のカセンティーノで、素材は贅沢にもキャメル100%。

 

カセンティーノは、トスカーナ地方の伝統的な織物で、元々は狩人や羊飼いたちが傷が目立たないように生地を毛羽立たせたのが由来で、その特性から現在ではアウトドア用として使われることが多くなっている。

 

キャメルはウールよりも軽くて暖かく、保温性は2倍ともいわれ、保温効果の高いカセンティーノとの相性は抜群なのだ。

 

超重量級になりがちなロングのフーデッドコートだけど見た目に反して軽やかなので、個人的には散歩や旅行なんかで使いたい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181107092514j:image

デザインのベースになっているのはなんでしょう?

 

どことなくミリタリーものを彷彿とさせるディテール使いで、肩から落ちるガゼットのようなものも気になります。

 

f:id:hynm_kaneko:20181107092506j:image

胸元のベスト的な?チラ見えするものは、実は裏地の延長で前で留めるようにしている実用的なもの。

 

コートのデザインとのミスマッチ感が愛嬌抜群かと。


f:id:hynm_kaneko:20181107092503j:image

深く入ったセンターベントで動きを妨げません。

 


f:id:hynm_kaneko:20181107092518j:image

あと、秀逸だったのがこの手袋。

 

ヤクが入っているから、ふんわり肌触りが良いのはもちろんのこと、腕の半分ぐらいまで包み込むのがファッション的にもカワイイし、実用的にも暖かい。

 


f:id:hynm_kaneko:20181107092510j:image

指切りはスマホユーザー必須ではないでしょうか。

 

 

見た目優先にも取られがちだけど、コートも手袋も実は実用的なのがポイントです。

 

コート 250,000yen +tax

手袋 14,000yen +tax

 

どちらも発売中。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

つくりたいものをつくるという姿勢

f:id:hynm_kaneko:20181103164246j:image

若い頃からクロージングが苦手だったという小森氏が、満を持して作り上げたスーツ。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181103164345j:image

国柄不明、年代やデザインソースも見えてこない。

 

愚直なまでに徹底的に突き詰めたCOMOLIバランス。

 

小森氏が求めた究極の形。

 

 

これほどまでに着る人を選ばない余白のあるスーツは珍しいのではないでしょうか。

 


f:id:hynm_kaneko:20181102231909j:image

イギリステイスト、イタリアンテイストとなってしまうと着こなしの幅に制限が出てしまうけど、無国籍なこのスーツは、あらゆるものと合わせられる懐の深さがある。

 

個人的に推しのカウボーイブーツとの相性も抜群だし、上からダウンベストとかを着てしまってもカッコいい。

 


f:id:hynm_kaneko:20181102231848j:image
f:id:hynm_kaneko:20181102231856j:image
f:id:hynm_kaneko:20181102231859j:image

最高に品の良いLOVAT MILLのツイードと主張しすぎない柄の代名詞「ピンヘッド」との相性は抜群で、COMOLIらしすぎるチョイス。

 

かなりしっかりした生地なので、あまり大切にしすぎずガシガシ着倒したいですね。

 

復元力も高そうなので、雑にトランクに突っ込んで旅行のお供にもオススメです。

 

 

COMOLI

LOVAT ピンヘッド スーツ(JK + PT)

130,000yen +tax

 

 

 

↓こちらは至高のシャツを作り続けているPERIOD FEATURESのポップアップのご紹介。

f:id:hynm_kaneko:20181103041755j:image

 

 

 

《 PERIOD FEATURES  SILK COLLECTION 》

 


f:id:hynm_kaneko:20181103041758j:image
f:id:hynm_kaneko:20181103041725j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041825j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041809j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041732j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041703j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041709j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041736j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041659j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041813j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041829j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041751j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041833j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041744j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041740j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041822j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041648j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041721j:image


f:id:hynm_kaneko:20181103041654j:image

 

一点もののオンパレードで、誰もが驚く贅沢なディテールの数々...

 

これはもう見て感じていただくしかない。

 

期間は〜11/7(水)まで。

 

 

PERIOD FEATURESについてはコチラ。

PERIOD FEATURES POP UP SHOP 5/27~6/5 - 着ぶくれ手帖

 

【 PERIOD FEATURES 】TRUNK SHOW 3/15〜 - 着ぶくれ手帖

 

 

お見逃しなく。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

Guernsey WOOLLENSから愛を込めて

セレクトショップだからこそできるスーベニアってなんだろう?から始まったスーベニアプロジェクト。

 

せっかくだからただの記念品やギフト用としてではなく、ちゃんとファッションとして着られるものを作りたいと思った。 

 

僕らにできるのは世界の名品やデザイナーさん達と考えてコラボレーションして作り上げていくこと。

 

チープで簡単に作られたものも好きだけど、せっかく世界中回らせてもらったり、一流のデザイナーさん達と接する機会があるんだから、そういった背景を利用しない手はないなと。

 

コラボレーションしていくことで、その製品やデザイナーさんの普段とはまた違った一面を紹介していけるのも、一つの楽しみでもあり、L'ECHOPPEの役割としても重要な気がしていた。

 

 

IS-NESS for L'ECHOPPEに始まり。

www.instagram.com

 

 

先日発売開始したVIA SPARE for L'ECHOPPEと続き。

www.instagram.com

 

 

第三弾はGuernsey WOOLLENS for L'ECHOPPE。

f:id:hynm_kaneko:20181028140523j:image

ガンジー島で編まれた正真正銘ガンジーセーターにL'ECHOPPEのロゴを配した一作。

 

ちなみにガンジーセーターにはいくつか種類があり、歴史も長く不明な点が多いのです。

話は非常にややこしいのですが、もしもその辺りにご興味があれば、こちらもご覧ください。

 

kaneko.blog.houyhnhnm.jp

 

 

 

今回の取り組みの経緯は2017年12月の投稿でもお話ししましたが、Guernsey WOOLLENSのボスとの出会いでした。

 

kaneko.blog.houyhnhnm.jp

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181028081314j:image

だいぶ似てます。

 

 

GUERNSEY WOOLLENS (ガンジーウーレンズ)とは?

イギリス領ガンジー島で1976年に創業されました。約30年にわたり伝統的で高品質なセーターをつくり続けています。彼らの作るセーターは、伝統的なパターンやディティールを継承しつつ、現代のフィッティングに合わせた作りになっています。

 

 

私がGUERNSEY WOOLLENSにお願いしようと思った理由は、伝統的なスタイルを踏襲しつつも、あくまでファッションアイテムとして打ち出していたからだった。

 

ガチで本物のガンジーセーターは、スーベニアにできるような気軽さはなく、完全に手編みで非常に手の込んだものなのだ。

 

ちょっと軟派なGUERNSEY WOOLLENSと出会わなければガンジーセーターでスーベニアを作ろうなんて思わなかっただろう。

 

 

上がってきたセーターは、最初に思い描いた通りの内容だった。


f:id:hynm_kaneko:20181028081256j:image

編みの凹凸感もパーフェクト。

色も使わないので主張しすぎず控えめな印象も狙い通り。



f:id:hynm_kaneko:20181028081304j:image
f:id:hynm_kaneko:20181028081321j:image

各ディテールはガンジー島の伝統的なスタイルを踏襲。

 

f:id:hynm_kaneko:20181028222219j:image

f:id:hynm_kaneko:20181028222238j:image

胸のロゴに合わせた身幅はかなり広く、その分袖丈を短くして調整。

元々、Tの字で肩が落ちるパターンなので、さほど違和感はないけど、落ちが強い分ゆったりとしリラックス感も強い。


f:id:hynm_kaneko:20181028222243j:image

ガンジーセーター特有の前後差がないパターンなので、後ろが少し跳ねるのが特徴。


f:id:hynm_kaneko:20181028222234j:image

首元は広げずにジャストサイズ。


f:id:hynm_kaneko:20181028222227j:image

袖のリブがキツいので時計は上から巻いてしまいます。


f:id:hynm_kaneko:20181028223616j:image

小さい方のサイズは女性にもオススメです。

 

価格 : 25,000yen +tax

カラー : ナチュラル、ブラック、グリーン

 

発売中

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

Rocky Mountain Featherbed x L'echoppe

f:id:hynm_kaneko:20181027103115j:image

f:id:hynm_kaneko:20181027103111j:image

Rocky Mountain Featherbedのアーカイブ部屋で見つけたヴィンテージのキッズサイズベスト。

 

実はRocky Mountainって完成度が高すぎる故に、年代が変わってもディテールの変化はなく、一貫して同じスペックのものを作り続けていた。

 

キッズ用といえども大人用と変わらないクオリティなのには驚かされた。

 

一見、ディテールもサイズバランスも同じように見えたんだけど、大人とは身体のバランスが違うせいか、肩傾斜が大人用よりも緩く、着丈に対して身幅は広めでシェイプも少なく取ってあり、ボックス感のあるサイジングになっていた。

 

欧米人と比べて寸胴な我々日本人には意外とフィットしそうな気がした。

 

レザーヨークの分量が多いのもポイントで、ちょっとアメリカンな匂いが強いのも好感が持てた。

 

それから大人用として再現していくプロジェクトが始まった。

 

誤差程度にすぎないバランスも忠実に再現していく作業は無駄にも思えてしまうんだけど、そこにこだわらなければホントにただの無駄に終わってしまうので、とことん細部までこだわり追求していった。

 


f:id:hynm_kaneko:20181027103107j:image

スタッフも一丸となってディテールを考えていく。


f:id:hynm_kaneko:20181027103050j:image

ボタンは大人サイズに拡大したものを付けるのか?

それともそのままキッズサイズのものを付けるのか?

など、そこは再現というよりもコンセプトの捉え方や編集のセンスに関わる主観的部分になるので、賛否両論で意見が分かれる。

 


f:id:hynm_kaneko:20181027103104j:image

軸をブラさないように常に原型と比較しながらあーだこーだ決めていく。

 

お店作りもそうだけど、気がつくと今の状況や気分に左右されてブレていくから、常に初心に立ち返り、自分たちが目指していたものを思い出しながら取り組んでいく必要がある。

 


f:id:hynm_kaneko:20181027103053j:image

今までの別注の中で一番時間がかかったかもしれない。

 

何度もなんどもミーティングを繰り返して完成したのがコチラ。

 

f:id:hynm_kaneko:20181027100446j:image

別注

f:id:hynm_kaneko:20181027112450j:image

インライン

 

撮ってる角度が違うのでわかりにくいかもですが、ヨークのデザインやポケットのバランス、サイジングもかなり変わっています。

 

明らかに違うのはボタンの大きさですね。

 


f:id:hynm_kaneko:20181027100459j:image
f:id:hynm_kaneko:20181027100502j:image
f:id:hynm_kaneko:20181027100435j:image
f:id:hynm_kaneko:20181027101142j:image
f:id:hynm_kaneko:20181027100442j:image
f:id:hynm_kaneko:20181027100509j:image

たくましさとかわいらしさが融合した新しい形。


f:id:hynm_kaneko:20181027112815j:image

レディースサイズからメンズの特大サイズまで幅広くご用意しています。

 

f:id:hynm_kaneko:20181027113147j:image

色はブラウンとオールブラックの二色展開。

 

f:id:hynm_kaneko:20181027111842j:image

ブラウンの方は、ヴィンテージで一目惚れしたカラーコンビネーションを再現しました。

 

原型のキッズサイズのグリーンは落選...

 

f:id:hynm_kaneko:20181027184747j:image

例えば、一昔前だったらジージャンもジャストサイズで着ていたけど、不思議と今は2サイズ上ぐらいじゃないと気持ち悪く感じてしまうのと同じように、ロッキーのベストもこのぐらいゆったり着るのが気分。

 

でも実はこれハーフサイズか1サイズアップぐらいの状態。

 

サイズアップに抵抗がある方で、けどもリラックスして着たい方にはベストなチョイスになりそう。


もっとジャストな感じで着たい場合、ウエストのシェイプが少ないので1サイズぐらいダウンしても、さほど窮屈感なく着られると思います。


f:id:hynm_kaneko:20181027184934j:image

女性が着用してるものは、割とジャストフィットな状態。

 

ボクシーなフォルムが自由度を生む好例かと思います。

 

 

メンズ、レディース共に41,000yen +tax

 

発売中

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし

 


 

NEATのビブオーバーオール(ビブオーバーオールって言いたい)

オーバーオールは当初胸当てのないものがあって、胸当てのないものはダンガリーズ、胸当てのあるものはビブオーバーオールなんて呼ばれていたそう。ビブは胸当ての意。

  

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163200j:plain

胸当て付きのパンツって感じのNEATのオーバーオールはビブオーバーオールと呼びたいけど、わかりにくいのでオーバーオールと呼ぶ。

 

本来オーバーオールは作業着なので、何に使うのか?どう使うのか?など、機能優先のディテールしかないはずなんだけど、NEATのものはデイリーユースを目的としているから、着心地や見栄えの良さを追求して考えられていて、NEATこだわりの“きちんとした” “行儀の良い”が反映された仕上がりになっている。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025161536j:image

厚手でシッカリした生地が多いNEATのオーバーオールは、身体をすっぽりと包み込み、体型のコンプレックスもカバーしてくれるから、何も考えずに着てしまえる気楽さもある。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181026103920j:plain

けれどハリツスツイードの高級生地を使用したりしていて、テキトーに着るにはちょっと抵抗があるかもしれないけれど、そこは思い切ってデニムのように擦り切れるまでガシガシと履き込みたい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163020j:plain

f:id:hynm_kaneko:20181025163045j:plain

ボトム部分はスラックスそのもので、NEAT伝統の2インプリーツ、両玉縁ポケット仕様。ジャケットを羽織ってしまえば、いつものNEATのワイドパンツの見え方になる。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163029j:plain 

f:id:hynm_kaneko:20181025163037j:plain

ツイードのボリュームに負けない無骨な付属類。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025161523j:image

NEATらしさのある太目のウインドウペーンも、かなり肉厚の生地でなかなかの立体感。

 

プリーツの入った独特のフォルムは不思議とお上品に見えるから不思議だ。

 

 

 

ツイードの生地のスラックスもフライトパンツも入荷してます。

f:id:hynm_kaneko:20181025163011j:plain

ワイド

生地:Harris Tweed

45,000yen +tax

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163231j:plain

フライト

生地:Harris Tweed

45,000yen +tax

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163200j:plain

オーバーオール

生地:Harris Tweed

53,000yen +tax

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163211j:plain

ワイド

生地:Marling & Evans

45,000yen +tax

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181025163222j:plain

フライト

生地:Marling & Evans

45,000yen +tax


f:id:hynm_kaneko:20181025163139j:plain

オーバーオール

38,000yen +tax

 

発売中

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし