"SADE" Debut Exhibiton

 

 

 

渋谷の街角の片隅で起こっていたカルチャーがある。

 

" A S T O R E "

 

体験できなかった事を悔やみ続け、妄想の中で美化されて心の中でずっと生きている。

 

少しでも近づけるように今日も走り続ける。

 


f:id:hynm_kaneko:20190417133155j:image

f:id:hynm_kaneko:20190417133112j:image


f:id:hynm_kaneko:20190417133208j:image

f:id:hynm_kaneko:20190417133200j:image

 


f:id:hynm_kaneko:20190417133150j:image

 

知られざる" A S T O R E "の歴史の一片をSADEのクリエイションと共にお届けします。

 

 

期間:2019年4月18日(木)〜4月21日(日)

 

場所:レショップ2F

 

 

 

■L'ECHOPPE

■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 

■電話 03-5413-4714 

■営業時間 11:00~20:00 

■定休日 なし

 

 

至高のファーストシーズン

f:id:hynm_kaneko:20190410182631j:image

 

最高級の原料に一手間も二手間も加えて夢の素材を追求するデザイナーがいた。それも割と身近なところに。

 

ヘリテージな服と共に育つ(ヘリテージ育ち)

 

孤高の元企業デザイナー大島裕幸

 

f:id:hynm_kaneko:20190410185937j:image

その仕上がりもまた見事で、予想はしていたけども完全に予想を上回るプロダクトだった。

 

f:id:hynm_kaneko:20190410190003j:image

f:id:hynm_kaneko:20190410190021j:image

古い文句だけど一生着続けたいと思わせるものや、毎シーズン買い足してリピートしていきたいと思わせるもの。世代も近いせいか殆ど欲しいと思うものばかりだった。但し、もちろん高額だ。

 

でもこの製品ってバイヤーがオーダーしなかったら世に出ないんだよなー、、、なんて思いながら展示会場を眺めていた。

 

「高品質だけど高額で新ブランド」

「前触れもなくブランドが立ち上がる」

 

新規で使える予算はどこも少ないだろうからフルラインナップなんて絶対に展示会でしか見れない。いくら内容が良くても無尽蔵に仕入れ予算がない限り沢山のオーダーは出来ないのだ。

 

ブランド→ショップ→お客様

 

セレクトショップのほとんどは、この図式で成り立っている。やはり作ることと売ることは全く違うスキルが必要なのでショップの存在は大きい。

 

ブランド→お客様

 

けれども、ものによっては作り手がダイレクトにお客様に訴えかけていく事がベストな場合もある。ただただ100%の思いを伝えていく、それが必要な商品もある。自分の体感ではHERILLは完全に後者だと思った。

 

 

ファーストシーズンの商品は殆ど出回らなくて、展示会に来た人たちの記憶にしか残っていない。なんていうブランドはよくある。

 

でも実はファーストシーズンこそ思入れが100%注入された名品が多く、実は一番見逃してはいけないシーズン。そのブランドを知る上でファーストシーズンを知っているのと知らないのとでは大きな差がある。

 

名品確定がゴロゴロしているHERILLのファーストシーズンを見逃すわけにはいかない。それはバイヤー以外の皆さまにも同じ事がいえると思っています。

 

そんな思いから展示会形式でお披露目の場を設けさせていただきました。もちろんデザイナーも常駐し個人様の受注も可能になりますので、是非この貴重な機会に足を運んでみてください。



f:id:hynm_kaneko:20190410184553j:image
f:id:hynm_kaneko:20190410184527j:image
f:id:hynm_kaneko:20190410184451j:image
f:id:hynm_kaneko:20190410184441j:image
f:id:hynm_kaneko:20190410184435j:image
f:id:hynm_kaneko:20190410184457j:image

 

 

【 HERILL Exhibition for Customer 】

2019年Autumn&Winterからスタートするユニセックスブランド【HERILL(ヘリル) 】。

 

文化服装学院卒業後、デザイナーズブランド、某大手セレクトショップの企画を経験してきたデザ イナー 大島裕幸が立ち上げたブランド。

 

ブランド名の由来は Heritage(受け継がれる文化・歴史)遺産・伝統と Will(未来・今後)の造語。

 

日本国内の最高級な技術・経験によって裏打ちされた伝統ある工場と新しいコンセプトの素材開発 を行い真面目に面白いと思えるプロダクトを生み出していく。

 

 

会期: 4月10(水)〜4月14日(日)

 

期間中はL'ECHOPPE2階にてフルコレクションを展示し、デザイナー大島氏も在店。

 

HERILL の世界観に触れながら、お好みのモデルを受注していただける機会となります。

 

メイドインジャパンの最高のクオリティーとユーモア溢れるデザイナー大島氏をぜひご堪能ください。

 

 

■L'ECHOPPE

■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 

■電話 03-5413-4714 

■営業時間 11:00~20:00 

■定休日 なし

 

 

裏ジャーマン

 

www.houyhnhnm.jp

 

さすがフイナムさん。書きたいことが殆ど網羅されてましたので、自分の方からは裏ジャーマンが生まれた経緯をお話ししたいと思います。

 

 

とある日、今回の別注を手掛けていただいたリプロダクションの方達と原宿の焼き鳥店にて、冗談みたいな流れから「ジャーマントレーナーを裏返したらどうなるんですかね?」から企画はスタートしました。

 

サーファーがスウェットを裏返して着るような感覚でジャーマントレーナーも裏返しに....

 

今考えると、それとこれとは話は別だと思うんだけど、そんな理想をイメージしながら企画は進んでいきました。

 

結果的には裏側もキレイな仕上げのスウェットが上がってきた。そんな感じ。全然これ見よがしじゃなくて一瞬裏なのかもわからないぐらいのクオリティ。丁寧な仕事の表れでもあります。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20190402105946j:image
f:id:hynm_kaneko:20190402105941j:image
f:id:hynm_kaneko:20190402105950j:image
f:id:hynm_kaneko:20190402105938j:image

実はこの写真に写ってるのはファーストサンプル。完璧に意図通り。完成度も高く修正なしで一発でゴーしました。

 

プレス展でもお披露目しましたが、ほとんどの人が裏という事に気づいていませんでした。


f:id:hynm_kaneko:20190328201204j:image

隠れなきゃいけないお尻の穴も見えてます。

 

f:id:hynm_kaneko:20190328201128j:image

中敷を見れば反転された文字、これも一瞬気づかないけど、よく見ると全然読めない、みたいな。

 

比較画像もどうぞ。

f:id:hynm_kaneko:20190405062932j:image

左)裏ジャーマン

右)表ジャーマン

 

f:id:hynm_kaneko:20190405062737j:image

ちなみにこれは偶然だったのですが、サンプルの段階で指示していない生ゴム的なカラーで上がってきたアウトソール(下段)。自分が知る原型に近いものだったので、もちろん即採用させていただきました。これはかなりポイント高かったです。


冗談ながらもかなり本気で取り組んだ自信作です。

 

REPRODUCTION OF FOUND 別注

インサイドアウト・ジャーマントレーナー

24,000yen+tax

 

4月5日より発売

 

 

 

■L'ECHOPPE

■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 

■電話 03-5413-4714 

■営業時間 11:00~20:00 

■定休日 なし

 

 

19SSのいろいろ

インスタへの投稿と重複しますが、海外の買い付けから戻りました。

 

パリ→イスタンブール→ロンドン→ニューヨーク→ロサンゼルス。

 

各都市のローカルの人達それぞれのスタンダード。「私はこれが好き」な、お話を沢山聞いてきました。

 

モノとしてはまだファッションとは呼べないようなもの達。その純粋無垢な服や雑貨を私たちの手で少しだけ調理し店頭に並べていきたいと考えています。あとは、お客様がどう捉え何と合わせてコーディネートするか。

 

そんな三者の繋がりで生み出すファッション。

 

私たちが買い付けをする意味、店を構える意味、お客様にご紹介する意味は、そこであると考えました。

 

順次リリースしていきますのでご期待ください。

 

 

久しぶりに日本に戻ってみると、19SSの商品が沢山入荷してました。

 

f:id:hynm_kaneko:20190330070624j:image

別注COMOLIのジャケット、コートと同素材のパンツも遅ればせながら入荷。

 

股下の設定が短く、170cmぐらいの身長でもこのぐらいの感じ。古着でウエストは合うけど丈がツンツルテンみたいなパンツを履くような感覚に近いかも。

 

ジャケットのベースがユニフォームのようなものなので、やはりセットアップがよく合う。いつしか南仏はマルセイユで見た、着古したリネンのセットアップを着こなす紳士を思い起こさせます。

 

夏はエスパドリーユやグルカサンダル、ビーチサンダルも良さそう。春夏系の素材だけど冬にはガンジーセーターなんかを着込んだり、ツイードのコートを上から羽織ったりするのもなんだかフランス人ぽくて好き。

 

セットアップだとちょっとした遊びが洒落た感じになるので楽しみが広がります。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20190330070655j:image

待ちに待ったCRISTASEYAのコートも入荷してました。

 

どういうデザインでどういうフォルムなのか、よくわからない不思議バランスなデザイン。たまに出てくるこういうアイテムは定番化することはないので、気になった時に買っておかないと後悔してしまうやつです。

 

トレンドとかも関係ないタイムレスな商品なので、きっと長い間付き合えると思います。CRISTASEYAの商品はどれもそう。少しお高いけど、頑張って買う価値がある。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20190330070713j:image

ぬぼーっと着丈の長いドリズラー。けどもなんかバランスが良いんですよね。実はかなり計算されてるからなんだと思うんですけど、おじさんぽいけど古臭さも感じさせない。裾は少しきつめにしているのでブラウジングして短く着たりするのも推奨されています。

 

実はリバーシブルになっていて、高密度で織り上げた撥水バーバリー生地と肌触りのよい綿シルクの生地のコンビネーション。正直、狂ってます(笑)。けど実用性を兼ねた秀逸な組み合わせ。無茶な遊びに見えるけど、ちゃんと考えられているのがNICENESSの好きなところ。

 



f:id:hynm_kaneko:20190330070640j:image

別売りで撥水リバーシブルハットも用意してます。原型が見えない不思議デザインでかなりそそられます。

 

f:id:hynm_kaneko:20190330070632j:image

背中のネックポケットは、ハットを収納するためのものだけど何を入れてもオーケー。


f:id:hynm_kaneko:20190330070705j:image

カラーはブラックも用意しています。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20190330070702j:image

お次は、アメリカでヘビーデューティなものに囲まれていたせいか、このLE YUCCA'Sのヤバさが際立って見えます。

 

デザインは100%アメリカだけど、つくりは100%ハンドメイドインイタリー。だからこそのこのバランス。これがイギリスとかフランスのつくりだと多分特徴がハッキリしなくてきっとイマイチ。

 

ここまで洗練されてるからこそ、グラミチのショーツに分厚いソックス、ダブルニーのダックのワークパンツにブーツなんていうアメリカすぎるコーディネートをしたい。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20190330070648j:image
f:id:hynm_kaneko:20190330070709j:image

世界中をまわって色々なツーリストのバッグを見てきたけど、こちらは改めて良いサイズだなと。

 

旅先でもそうだけど、日本でも寒暖差が気になるこの時期は、アウターや羽織が収納できる余裕をバッグに求めたい。窮屈すぎるとシワシワになるし、他のものが取り出しにくくなる。

 

このバッグを始めてリリースした頃は、一般のものと比べてかなり大きいので驚かれたけど、実は実用を考えるとこのぐらいの大きさって必要な時も多いし、使い勝手を考えると大きすぎることはない。

 

実はリピーターも多いこのバッグ。使ってる人はみんな使い勝手の良さに気づいてるのかもしれない。

 

 


f:id:hynm_kaneko:20190330070720j:image
f:id:hynm_kaneko:20190330070637j:image

出張に持っていかなくて後悔したものナンバーワンパンツ。

 

東レが最先端の技術を駆使し開発されたウルトラスエード素材を使ったスウェットパンツ(スウェットではないけど)。汚れも付きにくく、通気性もいい、激しい使用にも耐え洗濯にも強い超万能素材なのです。

 

洗濯する余裕もない出張時には便利に決まってるし、デザインはかなりカジュアルだけど、素材に高級感があるのでTPOも選ばない。

 

なんで持って行かなかったんだろ....

 

 

どれも店頭に在庫している商品ばかりなので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

■L'ECHOPPE

■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 

■電話 03-5413-4714 

■営業時間 11:00~20:00 

■定休日 なし

 

 

 

続 記憶に残らないシャツ

f:id:hynm_kaneko:20190323084532j:image

勝手ながら【TIE YOUR TIE】のセッテピエゲのネクタイに合わせてつくりました。

 

ネクタイと衿型のバランスと細すぎず緩すぎないフォルム。

 

セッテピエゲのしなやかな風合いを殺さない旧織機でゆっくり織り上げた140双の極細番手の糸を使用した生地。

 

リラックスとエレガントが見事に調和したのではないでしょうか。

 


f:id:hynm_kaneko:20190323084528j:image

タックインした時のブラウジング具合にもかなりこだわりました。

 

あまり緩いとだらしがなくなるので細心の注意が必要でした。

 


f:id:hynm_kaneko:20190323084524j:image

真剣にドレスシャツとして考えましたが、ひょっとしたらカジュアルにも取り入れやすいかも知れません。

 

実は汎用性の高いシャツなのかも知れませんね。

 

 

COMOLI x L'ECHOPPE

Dress Shirt

 

色: ホワイト、ブルー

サイズ: 37,38,39,40,41,42

29,000yen+tax

 

信販売も承っております。

 

COMOLI x L'ECHOPPE 記憶に残らないシャツとその仲間たち

付き合いは長いけれど、一緒にお酒を飲みに行くなんて数えるほどしかないCOMOLIの小森氏と私。


普段からその辺でよく立ち話してるので、あえて飲みに行く必要もないし、この日もなんで飲みに行ったんだったっけか?


この日の話題は小森氏の冠婚葬祭の話しだった。


「TIE YOUR TIE(タイユアタイ)のネクタイが最高なんだけど、合わせるシャツがタイトなものしかなくて困ってる」


冠婚葬祭の時ぐらいシュッと決めてみるのもいいじゃないと思ったけど、彼がそういうシャツを着てる姿を想像してみたら、やっぱり無いかなと思った。

 

話はセッテピエゲ(7つ折りのタイ)のタイに合うシャツの定義にまで及んだ。

 

自分たちはクロージングの人じゃないので、あくまで感覚論で。

 

その話の中で、コモリシャツはあえてカジュアルに振っているだけで縫製や生地のクオリティはドレスシャツ並み。

 

上質でしなやかな風合いの140番手の生地とふわっとしたフォルムは、セッテピエゲのタイとの親和性を感じずにはいられず、単純にタイに合わせた衿型とスーツのインナーとして機能するフォルムを考えるだけで理想の形が生まれるのではないかと盛り上がった。


お酒の勢いもあってか、アルコールで顔真っ赤の小森氏は「やろうやろう」と。


こんな調子で進めていいのかなと思ったけど「やろうやろう」と返した。

 

それから多忙な小森氏も片手間ながら真剣にドレスシャツの開発を進めていってくれた。

 

 


余談ですが、やはりスーツやシューズはしっかりとお金掛けて消耗品ともいえるシャツは気持ちがよくて実用的な範囲(金銭的にも)に留めておきたいという考えがあります。


ネクタイもそうだけど、その時々で気に入ったものをカジュアルに取り入れていくのが一つの楽しみだと思うのです。


さすがにスーツは専門店で買いたいけれど、ドレスシャツぐらいはカジュアルなお店に置いてあって、普段着を買う延長で買えてもいいんじゃないかと思っています。

 

だからL'ECHOPPEでドレスシャツを扱うことは結構便利で良いのではないかと、、、良い風に良い風に考えてます。

 

 

タイトル通り記憶に残らないぐらい際立ったディテールがないシャツが完成しました。

 

f:id:hynm_kaneko:20190320234544j:image

名脇役として完璧だと自負してます。


f:id:hynm_kaneko:20190320234433j:image


f:id:hynm_kaneko:20190320234428j:image

TIE YOUR TIEのセッテピエゲに合わせた衿型とサイズ。ドレスシャツらしくサイズはネック寸で1cm刻みでご用意してます。


f:id:hynm_kaneko:20190320234755j:image

見分けがつきにくいけれどドレスシャツの縫製ラインで縫い上げてます。


f:id:hynm_kaneko:20190320234759j:image


f:id:hynm_kaneko:20190320234540j:image

タックインした時のブラウジング具合にはかなりこだわってます。


f:id:hynm_kaneko:20190320234535j:image

アウトしても長すぎることのない着丈。


f:id:hynm_kaneko:20190320234531j:image

サイズバランスはカジュアルとドレスの中間?

 

 

スーツで着れるコモリシャツの完成は、ハードコアなコモリシャツユーザーの方達にも喜んでいただけたら尚嬉しいですね。

 

 

本日3月21日発売

色: ホワイト、ブルー

サイズ: 37,38,39,40,41,42

29,000yen+tax

信販売も承っております。

 

 

そしてまだ話は終わりません。

 

これで3シーズン目になる別注チェスターフィールドコートとホスピタルジャケットも同時発売です。

 

f:id:hynm_kaneko:20190321000737j:image

今シーズン選んだのは、COMOLIオリジナルのカリッカリのリネン生地。

 

ビンテージでも見たことのないようなビンテージの風合い??

 

けど、触ってみていただければ言わんとする事がお分かりいただけるのではないかなと思います。


f:id:hynm_kaneko:20190321000750j:image

カリッとしつつ洗いざらしの自然なドレープとデザインのマッチングは素晴らしく、恐ろしくフィットしてます。


f:id:hynm_kaneko:20190321000754j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000825j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000812j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000807j:image

 

 

一方のホスピタルジャケットも、原型で使用されているウール生地とのかたさが近いせいか、とても自然な仕上がりとなっています。


f:id:hynm_kaneko:20190321000820j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000742j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000816j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000746j:image


f:id:hynm_kaneko:20190321000802j:image

 

チェスターフィールドコート

88,000yen+tax

 

ホスピタルジャケット

52,000yen+tax

 

いずれも3月21日発売

 

毎回動きの早い商品になりますので、お早めにどうぞ。

Role Club for L'ECHOPPE

f:id:hynm_kaneko:20190314004925j:image
Brian Truong

ROLE CLUB及びシューリペア店の4代目のオーナー。

 

f:id:hynm_kaneko:20190314001732j:image

Brian Truongの運命を変えたロサンゼルスで70年続くシューリペア店。

 

f:id:hynm_kaneko:20190314003850j:image

8歳の頃からブーツを作り続けているというBrianの師匠Ignacio Palacios氏。彼の家族は非常に貧しく、彼はそのような若い年齢で家族を支えることができるようにブーツを作る必要がありました。


f:id:hynm_kaneko:20190314001736j:image

2010年11月12日にBrianは糸のスプールを探しに、彼のシューリペア店に足を踏み入れたのがキッカケで、ブーツのリペア、ブーツ作りに魅せられ、オーナーへの道を歩むことになりました。ちなみに彼はまだ25歳という若さ。

 

f:id:hynm_kaneko:20190314001724j:image

f:id:hynm_kaneko:20190314001746j:image

最高品質のブーツを生産することに人生捧げる決意をし「ROLE CLUB」を立ち上げました。

 

f:id:hynm_kaneko:20190314001857j:image

f:id:hynm_kaneko:20190314001845j:image

「エンジニアブーツはGOLDと同じだ」

 

いつまでも修理が可能なエンジニアブーツは、GOLDのようにどんなに古くなっても価値が続いていき、さらに魅力も価値も増していくと彼は言う。


f:id:hynm_kaneko:20190314001758j:image

「プライドが高品質の仕事を生み出す」と確信し、「ROLE CLUBのブーツを履く人たちが、私が作っている時と同じプライドを感じて欲しい」


f:id:hynm_kaneko:20190314001639j:image

現地にてオーダーメイドでしか手に入れる事が出来なかったあのブーツが、いよいよ初上陸です。


f:id:hynm_kaneko:20190314001833j:image
f:id:hynm_kaneko:20190314001808j:image
f:id:hynm_kaneko:20190314001853j:image
f:id:hynm_kaneko:20190314001905j:image

Black


f:id:hynm_kaneko:20190314001750j:image
f:id:hynm_kaneko:20190314001704j:image
Beige

 

まず、エンジニアブーツらしからぬ洗練されたフォルムに震えます。

 

分厚い靴下よりも薄手のドレス系のソックスに合わせたくなる感じ。

 

ソールはもちろん全面ラバーの選択肢もあったのですが、ドレス感を高めたくヒール以外はレザー仕様に。

 

改めて眺めてみると、ヒールのシェイプのエロさが際立ちますね。

 

是非、実物をご覧いただきたいです。

 

 

【Role Club for L'ECHOPPE】

"Engineer Boots"

300,000yen+tax-

 

本日3/14より発売です。