読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAIL MARSCHALLE別注 開発秘話

バイヤーの仕事の裏側も少しご紹介します。
 
今回は2016AWより取り扱いを開始するSEIL MARSCHALLの別注についてお話ししたいと思います。
 
 
f:id:hynm_kaneko:20160309081440j:image
 
 
SEIL MARSCHALLとは?
 
1896年にドイツで設立されたSEIL MARSCHALL(サイル マーシャル)は設立以来家族経営を続け、現在は4代目となります。
多くの会社が生産量に応じて品質も変わってしまいますが、サイル マーシャルの理念は「規模を変えず、モダンなセンスは取り入れながら、上質なものを作り続け、大量生産は行なわない。」というものです。
 
f:id:hynm_kaneko:20160309001353j:image
 
有名なのは、この手の質実剛健なキャンバス X レザーのバックパック。
 
今回L'ECHOPPEがチョイスしたのはコチラ。
 
f:id:hynm_kaneko:20160309005925j:image
 
16AWの新作商品でFOXファーがあしらわれたバックパックと同仕様のブリーフケース。
 
どちらもSAIL MARSCHALLEの名品ともいえるモデルがベースとなっています。
 
一見、少し変わった派手なファー付きバッグに見えるのですが、どういう訳か私には1940s U.S.ARMY Snow Parkaのように見えてしまったのです。
 
f:id:hynm_kaneko:20160309084244j:image
このパーカーは以前仕入れした事があり、思い入れ深い商品だったせいもあると思いますが、多少こじ付けもあります。
 
バイイングは一からモノを作るわけではないので、時にはこじ付けや帳尻合わせも必要なので、フレキシブルなメンタリティが必要になってきます。
 
スノーパーカーのような(私の中では)このバッグで、スノーパーカーの色を再現できたらカッコいいのではないか?より意味が見出せるのではないか?
 
その勘違い?妄想?が別注に至るキッカケでした。
 
そしてストーリーは広がります。
 
f:id:hynm_kaneko:20160309004404j:image
 
このパーカーはリバーシブル。
 
裏を返すとナチュラルカラー X ファーの組み合わせになります。
 
これでもうテーマは決まりです。
 
『1940s U.S.ARMY Snow Bag』
 
カラーは当然、ミリタリーカーキとナチュラルカラーの2色。
 
 
f:id:hynm_kaneko:20160309000713j:image
 
現物にカラースワッチを合わせて具体的に完成をイメージしていきます。
 
レザーストラップの色はナチュラルカラーをチョイス。
 
レザーストラップ使いを得意とするスイス軍のバッグからイメージしました。
 
f:id:hynm_kaneko:20160309010847j:image
 
 
f:id:hynm_kaneko:20160309010855j:image
 
 
これでようやく全体像が決まりました。
 
 
f:id:hynm_kaneko:20160308234657j:image
 
最後に現物とそれぞれのカラースワッチを並べて最終確認。
 
代理店の担当者とイメージを固めて注文は終了です。
 
個人的には既に完璧なスノーパーカーバッグが出来たつもりでいますが、サンプルを確認するまでは気が抜けません。
 
サンプル(数ヶ月後)が上がり次第、またこちらで披露したいと思います。
 
やや不安ではありますが、お楽しみに。
 
 
 
今回の別注のポイントは?
 
L'ECHOPPEとして納得できる意味を構築し、L'ECHOPPEにとって価値あるものに置き変えた。
 
この世の中にはモノが溢れています。
 
その中で、どのようにして新しい価値を発見し?生み出せるか?これもまたバイヤーの仕事の一つなのです。