別注FRED PERRYまもなく発売

昨年の夏ヨーロッパのスポーツウェアを集結させたイベント『EURO SPORT』を開催した際に、ビンテージのFRED PERRYを買い集めたことがありました。

FRED PERRYのビンテージは、本国イギリスでも相当珍しくLONDON中を駆け廻っても殆ど見つけることが出来ません。

私達は独自の方法でルートを開拓し、数十枚を掘り当てることが出来たのですが、もう二度とあれ程のコンディションで、あの量は出てこないでしょう。奇跡的にも1950年の初期モデルから90年代のものまで幅広く見つけることが出来たのですが、面白かったのは年代によってディテールから素材、編み方まで千差万別で、それぞれ品質も高く生地感、雰囲気、風合いの素晴らしさに感銘を受けたのでした。

その時買い付けたモノではないのですが、L'ECHOPPEデザインチーム堀切氏所有の1970年代のポロシャツは全てのバランスに長けており、とても完成度の高いモノでした。私はその魅力に取り憑かれ、どうにか現代に甦らせることができないのかと切望したのでした。ディテールやデザインだけでなく素材や縫製にまで拘りぬいたポロシャツを…その思いから9ヶ月……


FRED PERRY社の多大なご協力のもと、まさに生地から縫製、付属にまで徹底的に拘りぬいた、あのポロシャツが完成したのでした。


f:id:hynm_kaneko:20160414204345j:image

FRED PERRY 70's Archive Polo Shirt


f:id:hynm_kaneko:20160414204401j:image
生地
70年代当時の技術だから出る、ムラ感や、当時の綿花の質感を表現する為に、特別に紡績したナチュラルなスラブ糸とソフトな風合いを極限まで追求した極甘撚糸を交編しています。


f:id:hynm_kaneko:20160414204416j:image
シルエット・ディテール
70年代アーカイブバランスを忠実に再現。現在のFRED PERRY MENSでは採用していないウエストシェイプシルエットや、サイズバランス、前立て仕様がポイントです。


f:id:hynm_kaneko:20160414204427j:image
f:id:hynm_kaneko:20160415002508j:image
naturalはカスが残っている生機(キバタ: 染加工する前の布生地)を使用しています。


f:id:hynm_kaneko:20160414204438j:image
ポロ衿・袖口リブ
FRED PERRYの定番では使用しない、ローゲージタイプの編み機を使用。
染色も当時を再現し、生地と同じ釜で行う後染めを採用。
染色ロスが大きい為、現在は殆ど行わない手法ですが、身頃との色がしっかり合う事、着用年月が経った後の色落ち感が身頃と合うことがメリットです。
 
ボタン
型と色を別注で作成。
独特なムラ感と経年黄変により出る生成り感を再現するのに先染めタイプを採用しました。


f:id:hynm_kaneko:20160414204453j:image
縫製仕様
●バックネックの2本針仕様
●ヘムラインの裾引き


作りの拘りは語ればキリがないのですが、何よりも最高なのは手に取った時の風合いと着用した時のバランス。是非店頭にてご試着いただきたい。


サイズ:S,M,XLの3サイズ。
S,Mはジャストサイズで着ることを想定したサイズ。
XLはビックポロをイメージしたサイジングとなっています。

色:white,natural
価格:13,000円+tax
発売日:4月16日(土)
販売:L'ECHOPPE、LOFTMAN


数に限りがございますので、購入をご希望の方はお早めに店頭にお越しになられるか、お問い合わせ下さい。

L'ECHOPPE
東京都南青山3-17-3
03 5413 4714

店頭にて、お待ちしております。