『WORLD BAZAAR』from PARIS

『PARIS』

 

もう幾度となく訪れた場所。

 

慣れた場所ではあるけれど、常にリスタートの気持ちで買い付けに臨みます。

 

慣れた買い付けするようになったら、この仕事を終わりにしたい。

 

そんな心意気です。

 

 

 

今回パリでよく目にしたアフリカンなモノ。

 

 f:id:hynm_kaneko:20160801151732j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20160801151747j:image

 

 f:id:hynm_kaneko:20160801151801j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20160801151816j:image

 

実際パリにはアフリカ街が存在する。

パリの中のアフリカ。

 

f:id:hynm_kaneko:20160801152106j:image

 

『L'AFRICA PARIS』

 

パリという街の中で映るアフリカには独特のオーラが宿り、いつも私は魅了されます。

 

ただのモノといえど、シチュエーションやシーンで全く別物に見えてしまうから不思議です。

 

アフリカンなモノ以外にも、毎度定番ではありますがパリを代表する世界最古のオーダーシャツ店『CHARVET』のシャツやフランスのビンテージシャツも多数買い付けてます。

 

パリの粋とアフリカンアイテムのコラボレーションを是非お楽しみ下さい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20160801155209j:image

CHARVETは過去にオーダーメイドされたモノを中心に集めています。

既製品と違いサイズがアンバランスであったり、オーダーした人の名前が刺繍されていたりとストーリーが楽しめる品々となっています。

一点モノばかりなのも嬉しい。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20160801154229j:image

ケニアのパレオ。

スカートにしたり首に巻いたりすることも出来ます。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20160801155545j:image

エルメスをも唸らせたトゥワレグ族のネックレス。

『サハラの青い貴族』トゥワレグ族はアフリカ大陸サハラ砂漠遊牧民

一点づつハンドメイドで作られるシルバーアクセサリーは、昨今ブームとなっているインディアンジュエリーのような煌びやかさはないものの独特の存在感と気品が魅力。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20160801155119j:image

一点モノのストーンネックレス。

ビーズ一辺倒からストーンへ。

L'ECHOPPEからの新しい提案です。

 

 

引き続き『WORLD BAZAAR』をお楽しみください。