『WORLD BAZAAR』from BARCELONA vol.1

『BARCELONA』

 

パリに3泊したのち、一時的にバルセロナへ移動。

 

ファッションウィークで華やかなパリとはうって変わって、ザ・観光地なバルセロナは世界中からの観光客で賑わっていました。

 

 

正直ファッションというカルチャーが盛んな街ではありません。

 

過去に何度か大規模のショーも行われていましたが成熟せずにそのままフェードアウトしていきました。

 

私は今回が4度目のバルセロナ

12年ぶりでしょうか?

 

毎回一番の目的は、個人的にも愛してやまない『LA MANUAL ALPARGATERA』訪問。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809145251j:image

 

スペインの画家サルバドール ダリやジャック ニコルソン、ラルフ ローレンら著名人に愛され続けてきたバルセロナを代表するエスパドリーユの銘店。

 

私も10数年間愛用し続けています。

 

今回、秋を前に急遽オーダーさせてもらったモデルはコチラ。

f:id:hynm_kaneko:20160809145655j:image

 

通称ダリモデルと呼ばれるLA MANUAL ALPARGATERAの象徴ともいえるレースアップタイプ。

 

一見女性用に見えるかも知れませんが、男女兼用で展開されています。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809145936j:image

少しモデルは違いますがスペインでは守衛さんも履いています。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809150018j:image

本家ダリはソックスを合わせて履いています。

夏の長い日本でも初秋のスタイルに取り入れてみても良さそうです。

 

 

レースアップの編み方について。

特に決まりはないのですが、比較的オーソドックスなのがこの編み方。

f:id:hynm_kaneko:20160809165806j:image 

 

f:id:hynm_kaneko:20160809170229j:image

少し分かりにくいかも知れません。。。詳しくは店頭で聞いてみてください。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809170336j:image

少し短めのワイドなボトムと相性が良いです。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809170419j:image

ヒモに包まれたような履き心地は癖になります。

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20160809164552j:image

こちらのスリッポンは、南スペインの職人にしか作ることの出来ないもので、後継者がいない為生産中止となったもの。

 

f:id:hynm_kaneko:20160809165024j:image

センターの縫い目は他では見ることのない謎のディテール。 

残っていた在庫を買い付けてきました。

 

この春から扱っているフランスのDon Quichosseの繊細さとはまた違って、手作りの荒々しさが魅力のLA MANUAL ALPARGATERA。

 

是非店頭にてお試し下さい。

レディースサイズも豊富に取り揃えてます。

 

次回は、第二の目的でもあったバルセロナファッションの新規開拓についてお伝えしたいと思います。

 

 

新入荷情報はコチラのインスタグラムより。

http://instagram.com/lechoppe.jp