読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

門外不出のAmishハットを求めて

初めてアーミッシュを知ったのは、どこかのインターネットのサイトでした。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424181025j:image

The American Amish | Pennsylvania, The kid and Girls

 

f:id:hynm_kaneko:20170424181423j:image

http://pin.it/ShBhXZu

 

その印象的なファッションに目が釘付けとなり、アーミッシュについて隅々まで調べるようになりました。

 

 

アーミッシュとは?

アメリカ合衆国ペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民の宗教集団。 移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られている。

 

そのような信仰と生活様式から生まれたファッションという事を知り、益々興味を持ち、いつの日かこの地を訪れたいと思うようになりました。

 

でも、そんなことは夢のまた夢かと思っていました。

 

 

 

それから十数年以上経ち、点と点が線になる時がきた。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424183929j:image

 

私が興味を持っていたメーカーがアーミッシュの居住区であるペンシルバニア州ランカスターが拠点と知る。

 

これでようやくアーミッシュに会うキッカケが出来た。

 

私は更に近隣エリアを掘り下げて、いくつかのメーカーとヴィンテージマーケットを見つけ出し、ニューヨーク→ランカスター間の道中に様々な買付けの予定を組み込んだ。

 

そしてランカスター行きを決定づける情報を得た。

 

アーミッシュによるアーミッシュのためのハットメーカーを…

 

結果的に一年掛けてランカスター行きの切符を手に入れたのでした。

 

スケジュールは、各国のメンズファッションウィークを絡めて行くため、ロンドン→パリ→グラスゴー→ニューヨークを経て、18日目から車でフィラデルフィア→ランカスターという旅程とした。

 

あえて未開の地を最終目的地に設定し、全神経を集中させることが狙いだ。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185238j:image

全展示会を終えニューヨークを後にする。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185249j:image

ここからはレンタカーで移動。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185427j:image

まずはニューヨークからフィラデルフィアを目指す。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185642j:image

ロードサイドで食べれるものはアメリカンフード一択...

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185313j:image

フィラデルフィアの街からファッションのにおいを薄かったが、センスのよいお店はとことんセンスよく、他の街にはないファッションカルチャーを感じた。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185330j:image

ここのドーナツは絶品すぎた。

www.federaldonuts.com

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185356j:image

フィラデルフィアソウルフード、チーズステーキの銘店「JIMS STEAKS」。

Jim's Steakswww.jimssteaks.com

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185408j:image

間違いなく日本人の口に合う。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185837j:image

フィラデルフィアからランカスターへ向かう道中、雪に降られることも…

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185854j:image

寄り道含めて一日半かけてランカスターにたどり着く。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185916j:image

普通の観光ではなかなか来れないアーミッシュファーマーズマーケットへ。

陶器を扱うように丁寧に陳列された野菜が印象的だった。

アーミッシュの繊細さと拘りを垣間見ることができた。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185929j:image

ペンシルバニア州で一番のバーバーは、スタッフもお客様も抜群にセンスよくカッコいい。

 

Image of Black on White Combs

 

Image of Black on Black Combs

BLACK COMBのTシャツも買い付けた(スウェットもあり)。

 

Tシャツ 5,800円(+TAX)

スウェット 9,800円 (+TAX)

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170424185949j:image

街から一歩出ると青空と田園風景が広がる。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424190006j:image

アーミッシュの移動手段は馬車とキックボード。

私たちからしたら衝撃的な写真ですが、これが日常で当たり前な光景。

 

 

アーミッシュの生活は、想像していた通りだったけれど、実際に目の当たりにすると衝撃的で驚きの連続でした。

 

ただ、不思議と非現実的な感じはせず、実現可能な範囲で、もっとも原始的ともいえる生活様式に、人としての生活として正しささえ感じました。

  

アーミッシュの人口は年々増加してるというが、それも頷けてしまうのでありました。。。

 

 

 

アーミッシュハットの総本山にたどり着く頃には、お腹いっぱいになるぐらいアーミッシュを学び、かなり疲れ果てていましたが、、、「FLYING CLOUD HATS」の門を叩き、美しいハットの山を見た瞬間に疲れは一気に吹き飛び感動の嵐が吹き荒れました。

 

f:id:hynm_kaneko:20170424190031j:image

神々しささえあるアーミッシュハットの数々…

ショップ裏にあるアトリエでハンドメイドで作られています。 


 f:id:hynm_kaneko:20170425153425j:image

太陽の光を吸収するように優しく反射するストローハット。

本来、男性のものであるハットですが、女性向けに小振りなブリムの小さいサイズもご用意しました。

 

Amishストローハット 8,800円(+TAX)

 

 

f:id:hynm_kaneko:20170425153634j:image

黒は正装用として被られるラビットファーのもの。

トップが平らになっているのが特徴で、やはりブリムも広めだ。

 

Amish ラビットファーハット 22,000円(+TAX)

 

 

モノは最高だったが問題が発生しました。

 

日本に送る手段がなく手持ちで持ち帰らなければいけなくなった、、、

 

一度ニューヨークに戻る予定だったので、とにかく車に載せられる分だけ載せてニューヨークに持ち帰り、ホテルから送ることにした。

 

そんなこんなで想定よりも少ない買付けとなってしまいましたが、

 

L’ECHOPPEリニューアルオープンの日

4/28 11:00より発売開始いたします。

  

 

ニューヨークへ向かいます。 #armishhat #zuni #lancaster

Keiji Kanekoさん(@keiji_kaneko)がシェアした投稿 -

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3
■電話 03-5413-4714
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 なし

 

恐らく本物のアーミッシュハットが正式に日本に入るのは初めてではないでしょうか?

 

是非、店頭にてご覧くださいませ。