Lucchese bootmakers 到着

Luccheseのウエスタンブーツは一足は持っておきたい。

昔持っていたブーツはどこにいってしまったんだろ??

 

 

 

どうしてもルケーシーを手に入れたく、早速ホールセールの可否を問い合わせしたところ「とりあえずサンアントニオに来い」と呼び出されました。

 

実はエルパソの本社に行きたかったのですが、サンアントニオのリテールストアを指定されてしまう...

 

サンアントニオテキサス州西部の街。

 

インディペンデントなアーティストやデザイナーが多く、以前から注目していた街でもありましたが、エルパソに行きたかった。

 

その時の買い付けのメインはパリ、ニューヨーク...

 

その間にサンアントニオを組み込むのはかなり大変で、パリからニューヨークの間にどう組み込むか?

 

あらゆるネタを強引にねじ込みバルセロナブエノスアイレス(アルゼンチン)⇒サンアントニオという旅程が決めました。

 

そして今までで最も過酷な海外出張となったのでした.... 

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172756j:plain

PARIS

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172801j:plain

BARCELONA

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172809j:plain

f:id:hynm_kaneko:20171106172825j:plain

f:id:hynm_kaneko:20171106172838j:plain

BUENOS AIRES

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172821j:plain

f:id:hynm_kaneko:20171106172847j:plain

SAN ANTONIO

 

f:id:hynm_kaneko:20171106163440j:plain

LUCCHESE SAN ANTONIO

 

ここまでの道のりは本当に長かった...

 

しかし、ここで打ち合わせした内容は、その時の担当者が辞めてしまった事で一時お蔵入りしてしまう事に...

 

 

それから半年後、もう一度内容を見直しするために現担当者と商談を重ねる。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106183636j:plain

結局、真っ直ぐにウエスタンブーツをオーダーすることなく、私が注目したのはローパースタイルのショートブーツでした。

 

このブーツ、ただのジップブーツではなくウェスタンブーツ屋だからこそなし得た作りのブーツで、私はその唯一無二なブーツに完全に魅了されたのでした。

 

ただ一つ問題が、、、どうしてもジップが許せなかったのです。

 

ジップにすることにより着脱しやすかったり、筒を細くできるのは分かるのですが、その考え方自体もあまり好みではなく...リスク覚悟でジップを排除したブーツ企画を提案したのでした。

 

 

そして完成したものがコチラ。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172213j:plain

誇らしげな刻印は、カッコイイものではないけれど、こういうバタ臭いところは好きです。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172219j:plain

完全にジップは排除され、筒も脱ぎ着しやすいギリギリの細さを維持し、シャープなフォルムは保っています。 

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172148j:plain

ややロングノーズなプレーントウ(ローパートウ)。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172107j:plain

ローパートウと呼ばれる控えめな返りでドレッシーな匂いもします。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172151j:plain

ヒールは控えめながらもウェスタンブーツらしさを主張しカウボーイカット。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172258j:plain

パンツを少したくし上げるとわかるぐらいの位置に、ウエスタンブーツらしさを感じられるディテールを添えました。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172158j:plain

一件普通のブーツですがつくりは完全にウエスタンブーツそのもの。

ウエスタンブーツというと履きにくいというイメージがあるかも知れませんが、ルケーシーは複雑な人間の足にフィットするツイステッド・コーン・ラストという独自の木型を使用し極上の履き心地をもたらします。

 

 

 

そしてもう一つ寄り道をしてしまいました。

ウエスタンブーツ屋がつくるローファー。

f:id:hynm_kaneko:20171106172305j:plain

もちろんHandmade in Texas.

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172231j:plain

実はインラインにこんなスタイルもあったのです。

元々イタリアで靴作りの長い歴史を持つルケーシ一一族ですから、このようなシューズもお手の物。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172311j:plain

丁寧なモカ縫いと控えめなウェルト。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172242j:plain

とてもオーソドックスなヒール。

やはりこちらもウェスタンブーツ同様のつくり。

 

f:id:hynm_kaneko:20171106172333j:plain

レザーはウェスタンブーツに使用される薄くて強い光沢のあるカーフ。普通の革靴屋では見たことないようなもの。

ヒールはショートブーツ同様に控えめなカウボーイカット。 

ブーツカットやバギーなパンツに合わせると、途端にウエスタンらしさが生まれる中々面白いシューズです。 

 

 

ブーツ 150,000円(税別)

ローファー 98,000円(税別)

 

11/7(火)より発売開始します。 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし