la favola - ORDER FAIR - 明日より開催

意識せずともこの時期になると考えることがあります。

 

L'ECHOPPEのようなお店で普段着を買われている方は、よそ行きの服を探す時、どこで何を買うんだろう?

 

L'ECHOPPEにそういったものが何もないわけではないのですが、品揃えの幅は非常に狭く、自由に選べるほどの物量もありません。

 

最近私自身もよそ行きの服を着なければいけない機会が多くあったので他人事ではない悩みでした。

  

日本のTPOを考えた時、そんなに堅く考える必要もないのですが、よそ行きというシーンである以上、一定のクオリティと品の良さは必要と考えています。

 

けれどもそれ以上の決定打が見いだせずにいました。

 

そんなある日のこと、L'ECHOPPEに来店されたla favola 平氏に出会った時に着用していたのが今回のオーダー会に繋がるキッカケとなったジャケットでした。

 

うまく言葉で表現できないのですが....

都市生活においてTPOを選ばない品の良さを持ちつつも、不良学生の制服のように他人には理解され難いような個人の拘りやディテール、フォルムを持ち合わせたものでした。

  

伝統的なスタイルの中でつくり手の主張が小気味よく詰まった服。

 

まさにいま欲しいと思え、いま考えるよそ行きというシーンに抜群にフィットした服でした。

 

その『la favola(ラ ファーヴォラ))』は2015年にスタートするも、あまりにも水面下で活動していたため、一般的に知られる事はなく、本人の友人知人でさえも知らなかったという話をよく耳にしました、私も然り...

 

la favolaはテーラードアイテムを中心とし、コンセプトをより深く理解してもらえるよう対話が可能なオーダーメイドのみの展開という一風変わったブランド。

 

イタリア語で物語を意味するla favolaという言葉通り、洋服を通して身に着ける人それぞれの物語を紡いで欲しいと言う願いが込められた洋服づくりをしています。

 

型入れ、裁断、縫製、アイロンまでを一人の職人の手により、徹頭徹尾こだわりを持った少数生産で生み出されています。

 

f:id:hynm_kaneko:20171107202040j:plain

 

平氏は、自身で縫製を行う職人でもあるため、デザイナーというよりは職人という方がしっくりくるかも知れません。

 

f:id:hynm_kaneko:20171107202255j:plain

 

そんな氏だからこその、『手とフィーリング』から生まれるウイットに富んだディテールワークの落とし込みが、私が知る今までのよそ行き服に足りなかった毒を生み、着る者に高揚感を与えるように思います。

 

f:id:hynm_kaneko:20171107202239j:plain

 

オーダー会では、ジャケット、コート、パンツなどを数型づつ用意し、こだわりの生地も用意しました。

 

サイズはもちろんの事、お好みのディテールへの変更なども平氏との対話の中で対応させていただくつもりです。 

 

f:id:hynm_kaneko:20171107202230j:plain

 

【la favolaオーダー会】

11月8日(水)~13日(月)11時~20時

 

洋服から溢れ出る物語を少しでも多く拾い集めて頂けるように特設コーナーを設置し、平氏も常駐しご対応させていただきます。

 

通常時のオーダー価格

コート18万円〜、スーツ16万円〜、ジャケット12万円〜(すべて税抜) 

 

商品情報はまた別途アップさせて頂きます。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし