【 THE PARLOR〜MIGHTY-MAC〜 】OPEN!

 

お恥ずかしながら、私にとってMIGHTY-MACのイメージといえば『T-BARのファスナー』と『マリン??』といった程度でした...

 

f:id:hynm_kaneko:20171129185623j:plain

 

 

過去にはAbercrombie & FitchやPaul Stuartなど大手ブランドとのコラボレーションや、80年という歴史がありながらもインターネット上にはザックリとした情報しか出回っておらず、詳しく知るすべもない状況。

 

f:id:hynm_kaneko:20171129185647j:plain

 

これほど謎めいた著名ブランドというの珍しいのではないでしょうか。

 

いつも心のどこかで「結局、MIGHTY-MACとはどういうブランドなんだ!?」という疑問が頭の中を駆け巡っていました。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20171129185732j:plain

 

私の中でMIGHTY-MACというブランドの存在がクリアになったのは、つい先日120枚ものヴィンテージコレクションを目の当たりにしてからでした。

 

当時としては画期的であったであろう、数々の機能的なディテールや贅沢な素材使い、今も色褪せないファッション性など、驚きの連続でした。

 

f:id:hynm_kaneko:20171129185711j:plain

 

f:id:hynm_kaneko:20171129185728j:plain

 

『これは完全なる富裕層向けの服』作りのレベルが高いです。

 

現行品(現在、日本の企業により完全復刻されている)も素晴らしいものが多いのですが、ビンテージでこそお目にかかれる逸品が多いのは確か。

 

細部に至るまで誠心誠意込められ、極めて高い品質で作られたMIGHTY-MACを是非ご堪能頂きたいと思い、今回L'ECHOPPEでは50年代〜80年代までのヴィンテージMIGHTY-MAC120点を取り揃え、世界一のMIGHTY-MACパーラーを作り上げます。

 

f:id:hynm_kaneko:20171129170750j:plain 

ヴィンテージのMIGHTY-MACがこれだけの数で揃うことは今後二度と叶わないでしょう。

 

合わせて、今回特別に(拝み倒して)制作して頂いた【MIGHTY-MAC x L'ECHOPPE】のステンシルをあしらったUSN FLIGHT DECK CREW(ビンテージ)も発売いたします。

 

f:id:hynm_kaneko:20171129170827j:plain

 9,000円(税抜き)

 

 

期間は12月1日から8日まで。

 

 

改めて....

MIGHTY-MACとは

アメリカ、マサチューセッツ州にある全米最古の港町、グロスター(Gloucester)。

1908年、MIGHTY-MACはこの町で創業されました。

グロスターがセーリング(ヨット)が盛んな町であった影響からか主にセーリング用ウェアを多く作っていたブランドです。

当時からセーリングが富裕層向けのスポーツであった影響からか、ウェアにも上質な素材や当時の新しい素材を使用し、また随所に凝ったディテールやパーツも多く見られ、高級なウェアとして扱われていました。 

 

 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし