ANATOMICA for L'ÉCHOPPE

ここのところ隠れテーマ的に探し続けている"テーラードジャケット"に代わるジャケット探し。

 

先日発売したsun/kakkeのジャケットはその第一弾でしたが、今回ご紹介するジャケットはフランスはパリの【ANATOMICA】が誕生当時から定番として扱っている"DOLMAN"に着目しました。

 

f:id:hynm_kaneko:20180204220420j:image

 

いつも昔話になって申訳ないのですが、、、ANATOMICAが正規で日本に入ってくる以前から買い付けをしていた経験があり【ETS.MATERIAUX】というお店で取り扱っていました。

 

"DOLMAN"との出会いもその頃で、ANATOMICAのピエール フルニエ氏のエレガントな着こなしが印象的で、とてもナポレオン三世時代のフランス軍の作業着がベースとなっているとは思いもよらず、私のフランス服への興味が一層高まっていった出来事でもありました。

 

作業着らしく動きやすさを考慮して作られたパターンは、機能的であると同時にエレガントなフォルムを生み出しています。

 

www.houyhnhnm.jp

 

こちらのNEWSに取り上げられている通り、今回の別注の最大の特徴はブラックインディゴリネンという生地にあったのですが、色はもちろんのこと、実はその薄くてしなやかな素材感にもこだわりがありました。

 

従来の"DOLMAN"は、フランス発だけあって春夏であっても比較的厚手でしっかりとした生地を使うことが多く、いささか日本の春夏には重いかなという印象がありました。

 

ブラックインディゴリネンは、ドレープも美しく、より優雅なフォルムを引き出すと同時に日本の気候に最適化させたところにも注目いただければと思います。

 

併せてハンティングベストがベースになっているという”SAGAN”(ベスト)も用意しました。

 

これ程までに癖のないベストというのも珍しく、合わせるものを問いません。

 

まさにベストオブベスト。

 

見逃されてる可能性のある定番アイテムとして、改めてL'ECHOPPEからのご提案です。

 

なお、こちらの生地の染料は、特に初期の色落ちが強いのですが、経年変化をお楽しみ頂くためにリジッドの状態でご用意していますのでご注意ください。

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152422j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152539j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152554j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152610j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152627j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152453j:image

 

 f:id:hynm_kaneko:20180204152706j:image

 

f:id:hynm_kaneko:20180204152726j:image

 

発売日: 2/5(月)

生産国: 日本製

DOLMAN 50,000円(税抜き)

SAGAN 30,000円(税抜き)

サイズ 40,42,44,46

 

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし