吾輩は外羽根キャップ党である

 

革靴界のオールラウンダー「外羽根のキャップトウ」は万能すぎる一足だ。

 

 

ドレッシーなイメージのキャップトウと機能重視の外羽根のミックスはとても魅力的で、靴屋さんを覗く時まず一番に探すのは外羽根のキャップトウからと決まっている。そのクオリティやキャラクター性で、そこの靴屋さんと趣向が合うのかを判断する材料にもなっている。

 


軍での採用が起源の外羽根式は、脱ぎ履きのしやすさとフィット感の調整がしやすいのが特徴で、今では当たり前のように多くの靴に採用されている。軍での採用というだけでグッと来てしまう性格をなんとかしたい...

 

 

あまり意識する人はいないかもだけど、実はスニーカーにも外羽根式、内羽根式が存在していて、ドレッシーな合わせには内羽根のスニーカーを選ぶとか、そういうマイルールを作ってみても面白いかも知れない。

 


よほどこだわらなければ冠婚葬祭以外のシーンで外羽根で問題になる事はないし、合わせるものの幅も広く、オンオフ兼用しやすいのも魅力の一つかと思っているけど、出来れば紳士たるものオン用とオフ用は分けたい。

 

 

今季で2シーズン目を迎えたLe Yuccasと共同開発の外羽根キャップトウもグッドイヤーウェルト製法にアップグレードして再リリースしています。

 

 

前回、即完売したトウをクロコダイルの革であしらったモデルも遅れて入荷して来ました。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181009212108j:image

装飾性の高いクロコダイルは正統派なキャップトウに毒っ気を添えてくれます。さらに磨きをかけてビカビカに光らしてしまうのも悪くないかも知れません。

 


f:id:hynm_kaneko:20181009212105j:image

木型はkarena。

革はもちろんベジタブルタンニンなめしのボックスカーフを採用し、クロコダイルとの対照的な風合いが互いに両者を引き立て合っている。

 


f:id:hynm_kaneko:20181009212101j:image

小振りで高さのあるヒールも健在。


163,000yen +tax

 

 

外羽根キャップ党の方の二足目としては面白い選択肢かも知れませんね。

 

発売中。

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし