Witty Vintageとマルコム帽が襲来

f:id:hynm_kaneko:20181024101623j:image

 

バイヤー赤嶺氏の類い稀なる行動力と審美眼の高さには目を見張るものがある。

 

特にミリタリーものには定評がある氏は、各方面から支持される国内有数のヴィンテージディーラーの一人でもあり、L'ECHOPPEもよくお世話になっている。

 

私は彼のセンスが大好きで、プライベート

 

Witty Vintage

一年ほど前に突如スタートした《 Witty Vintage 》はレディースを主体としたWeb Store。

 

まさに「カッコいい大人の女性の為のヴィンテージショップ」。

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181024174529j:plain

ラインナップは相当ハイセンスで、着る人を選ぶし、選ぶにも勇気が必要なラインナップかもしれないけれど、圧倒的な表現力とヴィジュアルストーリーテリングで、Witty Vintageの世界観に引き込まれていく。

 

実店舗がないので、今回のように実際に手を触れて試着ができる機会はとても貴重だと思います。

 

なお今回のイベントでは1970年代から1980年代のファーコート、1900年代初頭から1940年代までのヴィンテージレースやシャツ、アーバンな雰囲気を持つミリタリーアイテム、メキシコのシルバー最盛期1970年頃のシルバーアクセサリー、様々な装飾が施されたカウボーイブーツなどが並びます。 

 

約400点のヴィンテージを用意しているとのこと。

 

 

【 WITTY VINTAGE POP UP STORE in L'ÉCHOPPE 】

開催日時:2018年10月25日(木)~10/31(水)

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181024151640j:image

10月25日は、同時に【 Saravah CUSTOM ORDER FAIR 】がスタートします。

 

f:id:hynm_kaneko:20181024173702j:image
f:id:hynm_kaneko:20181024173705j:image
f:id:hynm_kaneko:20181024173657j:image

かつてマルコムXが被っていたキャップから着想を得て製作されたSaravahのWATCH CAP。

 

昨年このWATCH CAPを愛用していたスタッフが、泥酔の挙句紛失するという事態が起こり、買い直したいけど完売という状況のなか、ほかにも買えなかったお客様もいらっしゃることだし、オーダー会をやってみようというノリでスタートしたイベント。

 

f:id:hynm_kaneko:20181024173640j:image

今回は、全15色2素材からお好みの色と素材の選択が可能。

 

f:id:hynm_kaneko:20181024173637j:image

中でも目玉は、ひとつひとつ職人の手描きによる染めで柄をおこしているチェコ製の高級ラビットファーの素材。

 

27日(土)にはデザイナーである坂口氏が在店し、直接ご対応させていただきます。

 

開催日時:10月25日(木)~10月31日(水)

価格は12,000円~34,000円(税抜)

 

 

楽しみな一週間がスタートします。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし