買い物依存症の人 2018 Dec. 《前編》 ~バイヤーのお気に入り~

フイナムさんの企画をL'ECHOPPE流に...

まずは本家Shopping Addictからご覧ください!!

 

www.houyhnhnm.jp

 

 

 

そろそろ実用的に使えそうなものが気になり始めた今冬。

たった今気になるものを選んでみました。

ご紹介済みのものもありますが、とにかく今欲しいにこだわりました。

 

以下、L'ECHOPPE編

 

 

is-ness

イズネスのA7ジャケット

f:id:hynm_kaneko:20181202100023j:image

寒冷地仕様のレベル7ジャケットが魅力的で、毎年気になってはいるんだけど、やはり本物臭が強すぎて「いざ購入」とまでは行かず、防寒アウターを買い逃し続けている。そんな極寒冷地仕様の雰囲気を踏襲しつつ普段使いに良さそうなジャケットがis-nessから登場した。言わずもがな、このあたりのアウター作りには定評のあるis-ness。いつも気になっていたサイズ感、ボリューム感、清潔感の3つの要素が完璧にクリアされている。ものすごく寒い日にはビッグサイズのバーバリーのインナーにしてしまおうかと画策中。

 

65,000yen +tax

 

 

 

Rocky Mountain Featherbed

ロッキーマウンテンフェザーベッドのL'ECHOPPE別注ダウンベスト
f:id:hynm_kaneko:20181202100124j:image

ようやくシーズン到来か!?一気に冬の寒さへ。それでもロッキーマウンテンのダウンベストなら、厚手のニットやスウェットに合わせるだけで十分に凌げそうな感じ。70年代当時の作り方そのままだから、現代のアウトドアウェアと比べたら、重さはそこそこあるし、とてもかさばるけれど、唯一無二の存在感はやっぱり魅力的だ。無駄とも思えてしまう継ぎ目の無い一枚革のウエスタンヨークも、当時としては贅沢で画期的なアイデアだったんだろうけど、いま冷静に見ると愛らしくすら思えてしまう。

 

41,000yen +tax

 

 

 

Joshua Ellis

ジョシュアエリスのカシミアマフラー
f:id:hynm_kaneko:20181202100050j:image

デニムは児島、メガネは鯖江、タオルは今治、マフラーはスコットランド...。スコットランドのマフラーが大好きすぎて、手持ちの殆どはスコットランド製のものばかり。巻物はあまり存在感がありすぎるものは苦手で、ちょっと控えめな方がいい。「この柄のどこが控えめなの?」と質問が飛んできそうだけど、私の目には名脇役にように映っている。このコーディネートも主役はシャツ。マフラーはシャツの引き立て役だと思っている。英国テキスタイルの歴史のなかでも最古のファクトリーのひとつといわれるJoshua Ellis。特にこの大判のカシミアマフラーは手に入れたい。

 

52,000yen +tax

 

 

 

RE-PURPOSE

リパーパスのリバーシブルバルカラーコート
f:id:hynm_kaneko:20181202100132j:image
f:id:hynm_kaneko:20181202100018j:image

伝統的なバルカラーコートのスタイルを踏襲し、考案されたリバーシブルコート。重ね着してもしなくても肩の落ち方が自然なラインを描く、通称「一枚袖」と言われるパターンを採用。バルカラーコートの裏側のディテールは魅力的なデザインが多く、大きなパッチポケットは表側で使いたいと思わせられる。その欲求を素直に形にしてしまったのが、こちらのコート。これだけ大きなポケットが付いていれば、ちょっとした散歩やショッピングは手ぶらで大丈夫。

 

100,000yen +tax

 

 

 

ROCKMOUNT

ロックマウントの別注スタンドカラーウェスタンシャツ
f:id:hynm_kaneko:20181202100121j:image

ありそうでなかったウェスタンシャツメーカーのスタンドカラー。足し算要素の多いウェスタンシャツのデザインを勝手に見直してみた結果、鋭い切れ味のレギュラーカラーからスタンドカラーへ。タイトフィットからリラックスフィットへ。四角のダイヤボタンを丸型のボタンへ。洗いざらしでも雰囲気良く着られるように、厚手のツイルとオックスフォード生地を採用し、経年変化も楽しめるシャツへ。とにかく着やすくなったウェスタンシャツは今一度オススメしたい。

 

17,000yen +tax

 

 

 

seven by seven

セブンバイセブンのレザージャケット
f:id:hynm_kaneko:20181202100030j:image
f:id:hynm_kaneko:20181202100110j:image

ウェスタン要素満載でお届けしている2018AWのL'ECHOPPE。ウェスタンショーでも探し回ったウェスタンジャケットは、結局日本人が作ったものが一番良かった...嬉しいような残念なような。やはりこの手のものを作らせたら右に出る者はいないseven by seven。ややゆとりのあるサイジングや素材使い。どれをとっても完璧でした。シーズンものではあるけれど、一生モノとしてオススメできるクオリティのジャケットだ。

 

125,000yen +tax

 

 

 

RE-PURPOSE

リパーパスのウルトラスエードパンツ
f:id:hynm_kaneko:20181202100117j:image
f:id:hynm_kaneko:20181202100014j:image

ウルトラスエードで仕立て上げた名作パンツ。実は二年ほど前に展開していたものの復刻モデル。カラバリも一新されて再登場。ぱっと見、上質なスエードを思わせる風合いと手触り。耐久性、快適な温度特性、通気性、メンテナンス性も兼ね備えたウルトラスエードは、スポーティなパンツの代名詞スウェットパンツスタイルに落とし込まれた。便利すぎるが故に、部屋着として、寝巻き、日常着、旅行や海外出張まで、幅広い用途で使われている(購入者談)。

 

27,000yen +tax

 

 

 

Le Yucca's

レユッカスのプレーントウシューズ
f:id:hynm_kaneko:20181202100058j:image

キャップ党の私も、寒くなりレイヤードスタイルが増えてくると、足元はよりスッキリさせたくなってくる。ここに来てプレーントウが気になりだしている。Le Yucca'sのものは、US NAVY感がありながらも、全然そうは見えない気品に溢れた一足で、属性が曖昧なのがとても良い。いつかは手に入れてしまうんだから早めが吉。悩ましい...

 

142,000yen +tax

 

 

後編へつづく

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし