たかがヒッピーバッグ、されどヒッピーバッグ

「ファッションはもっと生活的なものでなければいけない」  石津謙介

 

 ---

 

海外の見知らぬ名品や珍品?を買い漁る。

 

「使い方はあなた次第」

 

それが新しいファッションに繋がっていくと信じている。

 

同時に、さすがにこれは面白いけどそのままじゃ使えないよなというものも沢山ある。

 

一言で言えば、今の生活にフィットしない。

 

けれども可能性を秘めた名品や珍品たちを放っておくことはできない。

 

---

 

5525galleryのTITO氏と出会ったのは今年の4月。

 

5525galleryというブランドについても、彼についてもほぼ情報がない中、惹かれ合うように急接近していった。

 

彼が手掛けるバッグのラインナップは、新しさが際立って見えるけど、懐かしさを併せ持ち、どことなく安心感を与えてくれるものだった。

 

洋服は実用的でなくてもデザインが気に入ってしまえばOKだけど(ちょっと乱暴か)、バッグは実用的であることは前提で、個人的には安易に手が出しにくいアイテムのひとつ。買い付け品目も少なくなりがち。

 

5525galleryのラインナップは、実用性とファッション性、つくりの良さの三拍子を兼ね備えたものだった。

 

完成されたラインナップを見て、新しいものもあたかも普通に提案できる人なんだなとも思った。

 

実はずっと温め続けていたネタがあった。

 

「ヒッピーバッグ」

 

定義もないし実在するものも様々で、一様に言えるのは手でつくれるシンプルな構造のもの。

 

現代においても実用できる要素はあるんだけど、実物はどれも粗悪なものばかりで、装飾もなかなか派手だったりする。

 

現代に通用する可能性なんて1mmぐらいしかないなも知れないけれど、そんなヒッピーバッグも5525galleryとPORTERの手に掛かれば...

 

なんて夢を抱きつつアイデアを持ち掛けてみてから数ヶ月後、彼らの手により商品が上がってきた。

 

それは本当に素晴らしいものだった...

 

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181219122829j:image

 

 

f:id:hynm_kaneko:20181219122637j:image

 上質かつ味わい深い天然のシボ革を贅沢に使用。

 


f:id:hynm_kaneko:20181219122630j:image

f:id:hynm_kaneko:20181221114548j:image

ショルダーストラップは長さ調整が可能となっており、ストラップの付け根の向きを変えるだけで手提げにもなる2way仕様。

 


f:id:hynm_kaneko:20181219122642j:image

 バッグの側面にはシークレットポケット。

 


f:id:hynm_kaneko:20181221114505j:image

f:id:hynm_kaneko:20181221114603j:image

レザーの輪っかを通して綴る構造。

 

12/21発売開始

 

5525gallery ×PORTER Hippie bag

53,000yen +tax

カラーはBLACKのみ

 

 

石津謙介の言葉から50年の時を経たが、今もそれは変わらない。

 

石ころのようなひとつのアイデアが生活に潤いや変化を与えるキッカケになるかもしれない。

 

そんな可能性を秘めたバッグが生まれたと思っている。

 

改めて、生活に寄り添ったモノづくりの大切さを教わった。

 

クリエイティブって素晴らしい。

 

 

■L'ECHOPPE
■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3 
■電話 03-5413-4714 
■営業時間 11:00~20:00 
■定休日 なし