モードとクラシックの間のリアルクロージングとは

f:id:hynm_kaneko:20190228223803j:image

なんの変哲も無い筒状の袖に感銘を受ける(大げさ)。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228223829j:image
日本の祭りの伝統衣装「ダボシャツ」の袖を流用した和洋折衷なシャツ。


羽織りに特化したシンプルなシャツってありそうで無くて、自分の中では常に隠れテーマ的に探し続けていました。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228223856j:image
あえてボトムやアウターに使われる布帛生地を使用し羽織りとして特化させてみました。


寸胴な筒袖はノーストレスで気持ちが良く、暑い時はサッと袖をまくれるし、とにかく楽だ。


白以外はポケットも外してもらってちょっとドレッシーな印象に。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228224037j:image

実は結構地厚な白。

使い勝手のいい胸ポケットつき。


夏場のプラス一枚はこれで決まりだ!なんて言ってみる。

 

【MS BRAQUE x L'ECHOPPE】

ネイビー 35,000yen+tax

チェック 39,000yen+tax

ホワイト 28,000yen+tax

 

 

 

そして最後にこちらは、L'echoppeからしかオーダーが入らなかったという逸品。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228224830j:image

一瞬なにがどうなってるのかよくわからないTシャツ。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228224838j:image

二枚の生地をグルグルと繋ぎ合わせて形成しています。

ソフトシームと呼ばれる縫製方法で、生地を重ねる事なくフラットに縫い合わせているので、肌当たりも良く、見た目もキレイな仕上がりが特徴的です。

 

f:id:hynm_kaneko:20190228224843j:image

こんなテクニカルな仕様なのに、THE US TEEなデザインが最高に好きです。

 

杢の生地を使用してる所も流石です。

 

ソフトシームTシャツ 28,000yen+tax

 

 

改めて、柔軟な発想と高度な技術、卓越した感覚にデザイナー松下氏の凄みを感じたコレクションでした。

 

どちらも3月1日から発売です。